2009
越後 新潟
 農園ホームへ  H20年さといもの生育  ご注文コーナー
    
 完熟 さといも
  
さといも栽培を始めてもう30数年
年々その美味しさと魅力にとりつかれる園主です

完熟した伊藤農園のさといもをご賞味ください

本畑準備

ページメニュー
種いも準備
苗作り
本畑準備
定植 
一般管理
収穫、調整
出荷(旅立
さといも料理
さといもご飯

      画像が拡大します
  ≪ 良い本畑とは ≫ 

 @ 排水が良いこと
 A 耕土が深いこと
 B 灌水条件が整lっていること
 C 砂壌土であること


施肥
さといもは栽培期間が長く多肥栽培で肥効の持続が必要ですがある時期になったら
肥料のきれる状態にするのがポイントです。
以下の肥料を使っていますが窒素、リンサン、
カリの三要素以外にも
ボカシ肥料、微量要素
が大切です。
                                                ↑ 散布機(ブロードキャスター)で肥料散布です。
微量要素入り
有機肥料です。
窒素成分を初期に
をポイントに使います
石灰欠乏障害を防
ぐ要のクドです。
マンガン、ホウ素等
微量要素入り肥料
お米と大豆の混合
発酵肥料です。
耕起
畦立てまでに3回ほど耕起を行います
肥料散布後即土壌と良く混ぜ
微生物の働きも活発化させる
ため耕起します。
畦立て
畦立てとマルチ掛けの同時作業です


畦は高く盛ります

 正直このトラクターと言うか
 同時マルチのロータリーには
 助かっています。
 栽培型で土寄せする方法と
 しない方法があり、当農園では
 しない方法ですがその代わり
 最初から施肥量、定植の深さ
 など考え作業を行っています。

  〜 種いも 〜 種いも準備 〜準備 


                  〒957−0106新潟県北蒲原郡聖籠町蓮潟2874番伊藤ゆきなり
                             TEL.FAX 0254−27−4881
                             越後新潟コシヒカリ産直 伊藤農園