2009
越後 新潟
 農園ホームへ  H20年さといもの生育  ご注文コーナー
    
 完熟 さといも
  
さといも栽培を始めてもう30数年
年々その美味しさと魅力にとりつかれる園主です

完熟した伊藤農園のさといもをご賞味ください

一般管理

ページメニュー
種いも準備
苗作り
本畑準備
定植 
一般管理
収穫、調整
出荷(旅立
さといも料理
さといもご飯
画像が拡大します    ≪一般管理 ≫  


自然相手の日頃の栽培では予期
しないいろいろな事態が起こります。
惜しみなく手間を注ぎ込み収穫の
秋にはコロットした美味しい完熟
さといもの顔を見るまで、細やかな
管理が続きます。


       ¤  追肥
6月も中頃になるとマルチを突き上げ子いもの芽が姿を
見せ又、新根がマルチまで伸びマルチの外に出てもっと
養分をほしがって来ました。
暑い夏を乗り切る体をいち早く作るためにも追肥の
始まりです。

 元気な子いもの芽が出てきました


新根が伸びてきます

        ¤  灌水


これは夕方の灌水の様子風の無い朝か夕方~夜に行います。
水で太るさといも ⇒ 水の効果が肥料効果より大きい
              作物がさといもと言われます。
水、温度、湿度 ⇒ 梅雨から梅雨明け後のこの時期がいも
             の肥大、孫いもの着生肥大期となり
             気象的にも高温多日照のこの時期
             水さえあれば最良の条件となります。

これが回り散水します

        ¤  病害虫防除

 伊藤農園では除草剤も含めた
 農薬の使用について経営全体の
 作型、規模を考えた時どうしても 
 使用せざるえません。
 しかし、一つでも農薬を減らす
 工夫、努力は今後とも怠っては
 ならないと考えています。

   平成20年、21年さといも
   使用農薬
  



スズメガの幼虫

      ¤  除草
 まだ小さい時期に二人で除草剤を
 散布しましたが効果なく中央の画像
 のように手での除草となりました。

 ~雑草に肥料をやっているようなもの

      ¤  マルチ除去
   7月に入り生育を見ながらマルチを除去して行きます。
   その前段として除去し易いように株元の除草を兼ね
   何株置きにマルチを切ってゆきます。



                 マルチの中はビッシリと太い根 


                  〒957-0106新潟県北蒲原郡聖籠町蓮潟2874番伊藤ゆきなり
                             TEL.FAX 0254-27-4881
                             越後新潟コシヒカリ産直 伊藤農園