越後  新潟
 農園ホームへ
 
 伊藤農園の日々 
農作業だけでなく、毎日動いて、感じて、思って、そんな
農園の暮らしを日々を写真と共につづりたいと思います。
    2007年    6,7月 8月  10月 11月 12月
    2008年    1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月
    2009年    1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月
    2010年    1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月
    2011年    1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月
    2012年    1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月 9月   10月  11月  12月
    2013年    1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月 9月  10月  11月   12月
    2014年    1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月 9月  10月  11月  12月


 画像が大きくなります)                            
 
  ◎  本格的かな~                     17/12/06
 
朝の銀世界、そして降るは降るは午後にも降り続けました。
願望を含め多分この雪必ずや解ける、そう信じて、午後には水分の多いベタベタ雪に変化、明日は10℃近く迄気温が上昇とか,
いち早く解けてもらわないと作業の段取りが大幅にくるってしまいますと身勝手なことを言う園主です。
 
  ◎  ああ~この葉っぱ                    17/12/05
 
何時もの年ならば多少自己満足も込めこのドウダンの紅葉皆さんに喜んでもらえるのではと思うのですが、本年はどうもきれいな紅葉の前に早々と落葉、そして葉の処理をと思うも連日の雨模様でそれもままならず
嘆き節ではないですが太陽様しっかりとお顔を見せておくんれませ
 
  ◎  泥棒侵入                       17/12/01                   
 
いや、お風呂場から怪しい侵入の形跡あり
なんだろうこれって泥棒 ?
スイマセン家に入りたいんだけれども園主
鍵をとし子さんさんに渡しておいてお風呂場から侵入です(侵入時は変な気持ちでした)

園主もちゃんと合鍵を持たなければと同時に
お風呂場しっかりと施錠して置きませんとですハイ
 
  ◎  太ってくれました。                     17/11/30
 
ほんと、遅い種蒔ながらきれいに太ってくれました。
当園としてはまれにみる出来栄えとなり、あっちこっちに押しつけで配給を実施しておりまして~味はと言えば、今日もとし子さんもつ煮にこの大根最高ですね~ 

 以上
 
  ◎  やっと快晴です。                       17/11/27
 
本当に久しぶりの快晴です。
なんと気持ちの良いことか、何日ぶりでしょうか、連日の雨模様でさといもの堀上も大幅に遅れていて、今日はほんの少し挽回ができたのではと嬉しく思っていますが、一日車に積んでは家のハウスへの運び入れの往復
そんな中遠く白い飯豊連峰のきれいなこ
と小春日和とは正に今この時期、いや
今日この日を言うのではと大いに感激の
一瞬です。
 
  ◎  とうとう降りました                         17/11/19
 
いや~とうとう降り出しました。

正直参っております、まだまだ畑にさといも株が多くあり、積もるにはまだまだだと思っていますが、寒さに合うとさといも貯蔵性が落ちるもので、しかし、しょうがない、あとこれ以上降らずお天道様に早く顔を見せてもらう様に祈るしかありません。
 
  ◎  やっと撮りました                         17/11/18
 
どうも連日県内、雨、みぞれと天気が定まらずさといもの堀上がままならない状況です。
それでも今日少しの曇りの天気で、どうか雨が降りませんようにと願いながら午前中掘りあげているその上空を夜に近くの加治川で眠り、朝に近くの田んぼ等に餌をを求めて
白鳥さん出勤です。
カメラを構えてない時に限ってすぐ園主の頭上を互いに声をかけあいながらそれこそ羽ばたく音さえ聞こえる距離で飛んでゆきます
この光景は少し感動物です。
 
  ◎  田舎を送る                      17/11/11
 
田舎送りま~すってことで、今が旬の秋野菜の詰め合わせをお世話になっている都会のお客様に今日発送です。
さといもが無いのでは? そうなんです
実は伊藤農園のさといものお客様への日頃の感謝での発送です。

ありがとうございます。
 
  ◎  これも好きです。                     17/11/09
 
紫陽花と言えば6月の花、しかし園主は今のこの時期の紫陽花も好きです。
今年は強い風等でどうもきれいなこの紅葉時期の紫陽花を見付けることが少し困難でした

以前より目をつけて置いたこの場所の紫陽花、少し風あたりが防げる所にあり今日時折太陽様が顔を見せているので出かけ撮りましたが、どうも納得のいかない画像です。
 
  ◎ 消雪パイプ                       17/11/07
 
今日は素晴らしい晴れ間来季の種いもの作業場への搬入も終盤ですが、冬場に向け消雪パイプの点検の様ですが、なんとま~そんな時期なのかとあらためて月日の速さに驚きです。
はたして今冬は小雪、はたまた大雪 ?
 
  ◎ コタツを立てました。                  17/11/01
 
これは昨日の画像、そろそろコタツが欲しくなり立てましたが一番ヨロコロンでいるのが
立てると早々にご利用のココです。
立てると部屋が狭くなるものの人間と猫コタツが一番です。
 
  ◎  夕暮れのさといも                   17/10/31
 
明日から11月と言うのにまだまだ畑にさといも株がどっさり、あ~あさすがにここまでくると焦ります、誰かには毎回の事でしょうと言われそうですが~
ともかくなんだかんだ言ってもしょうがない明日から又、頑張りましょうと言いたいところですが、これが又、泊まり込みの研修会でして明朝早めの出立です。 ハイ
 
  ◎  種いも堀上                      17/10/26
 
台風一過の今日も晴天に恵まれ昨日より来季のさといもの種いもの堀上です。

この晴れ間出荷を休みまずは多くの種いもを作業場に運び入れなければと女性軍も大奮闘です。
車にドッサリと株ごと積み作業場にを今日3回実施です、天候に恵まれればもう二日程運べば終了と思っていますが
 
  ◎  柿神社 ?                     17/10/24
 
昨年だったか、今まで全然知らなかったと言うか通ることが無かったと言うか正直道路が舗装されて初めて通り見たこの神社です。

あれ以来何故か小さなこの神社が気になっていまして、今日天気も良くなり是非撮ろう
と思い出かけた訳ですが、両側に柿が良い塩梅色づき始めさしずめ柿神社と勝手に名をつけ一礼にてパチリです。
 
  ◎  不揃いのさといも達                   17/10/17
 
これは昨日の画像ですが、本年はどうもこんな形の長めのさといもがやけに多いです。
本来は丸みのあるコロッとした品種なのですが、掘るごとにこう言う形のものが見えると残念と言うか悔しい気持ちなりますが、幸いな事に全てがそうではなく一部であり又、味も丸みのあるものと同じくバッチリ乗っていますので是非ご賞味をと思います。

尚、この原因は本年の低温と日照不足が全国の農産物に与えている事、当園のさといもについても同様でやはりお天道様にはかなわぬと言うことでしょうか、でも悔しいです
 
  ◎  一等賞を頂きました。                   17/10/16
 
遅ればせながら今日有り難いことにあいがも有機米本年も一等賞を頂きました。

例年遅い田植えのこの有機米、本年低温で苗の立ち上がりが遅れ、その上あいが君はと言えば元気がよすぎ、苗を食うは、踏みつけるはで散々な本年の栽培でした。
生育全体も遅れ一等賞は無理と思っていましたが、稲自体が頑張ってくれたと感謝です
同じく減々米も一等賞でした、やはりこの一等賞は嬉しいことで食べて頂くお客様に当園栽培のこのお米いかがでしょうかとまずは自信をもって言える一つの条件と言えると思っています。
 
  ◎  砂里芋(さりいも)目合わせ                   17/10/14
 
我々さといも部会、別名 砂里芋(さりいも)部会と言ってもいいと思いますがこれから本格的な出荷に向けメンバ~18名それに関係する多くの方々と、生命線と言っても過言ではないと思いますが出荷選別の恒例の目合わせの今日は実施です。
家族経営であったり組織的な経営であったりと多様な最近のさといも部会のメンバ~ですが、選別の重視又大切さはイコール買ってもらうお客様への最大の思いやりと思っています。
 
  ◎  イチジク                        17/10/13
 
毎年、時期になると本家の久雄さんがもってきてくれます。
このイチジク秋の美味しい定番果物と言っていいと思いますが、最近は歯の悪い園主一部入れ歯となりどうも間に挟まりその美味しさを満喫できないのが歯がゆいです。
 
   ◎  カマキリの擬態 ?                     17/10/10                
 
さ~ってカマキリさんがどこに居ますでしょう
子供の頃からお馴染みのカマキリさんですがこんな風に擬態化したのを見たのは始めてです。
車で何回もすぐ近くを通りその都度凄いな~と見るも微動だにせずひたすら餌を待っている様子、さすがに翌日にはもういなくなりましたが、カマキリさんの新な一面を見れ感激です。
 
  ◎  モクセイ                          17/10/09
 
正に秋の香り、あっ!つぼみがでてきたなと思ったら翌日には即開花、植物の色、香りで季節感を味わうことのできる事に感謝です。

多忙に格好つけ気づかぬ時の自分がいた時は若干悲しいですね
 
  ◎  やっと終了です。                       17/10/08
 
本年の刈り入れ、今日の夕方あいがも有機米にてやっとお蔭様で終了、晩飯時とし子さんとともに乾杯です。
トップページには10月一日からの販売とご案内をさせて頂いておりましたが、すいませんお待たせを致しました。

 夕方の刈り入れの様子です。
 
  ◎  やっとアップです。                       17/10/03
 
いや~やっと買い物方法の変更をアップさせて頂きました。
トップページでは10月一日からの減農薬米の販売、その前のさといもの販売と公言しているものの、肝心要な大切な所の変更をアップしていませんで~
運送業界と言うか配達業界と言うかこの辺の
大幅な変化で当然我が農園も変化をせざる
えず今までのカンガルー便からゆうパックに
変更させて頂いたもののお客様にその内容をお知らせするのがこの様に遅れました。
スイマセン、以上のように変更をさせて頂きました 又、すいません不備、疑問等がありましたらご連絡を頂ければと思っています。
 
  ◎  いよいよ刈り入れです。                       17/09/22
 
いよいよ待ちに待ったコシヒカリの刈り入れです。
お客さんからはまだですかね~の大幅なプレッシャ~を掛けられている訳ですが
まずは今日の初収穫と言うことで~
当然今日刈り入れと言うことで新米の美味しさはまだ園主も確認をしておりません、すいませんHPのアップのように有機米、減減米とも10月一日からの販売とさせてもらいたいと
思いもすのでよろしくお願いいたします。
 
  ◎  浜大根って                        17/09/07
 
浜大根って皆さん知っていました ?
実は集落の昔の植物、動物、淡水魚等々なんでも知り尽くしている長谷川さんが車のコンテナの中に俗に言うすぐり菜の大根を一杯
乗っけていたので美味しそうですねと尋ねると、なんと浜から採ってきたとの事、丁度さといもの初収穫とも重なり味噌汁にさといもとなれば大根菜がバッチリと、その生息場所を
教えてもらい直行です。
ありました、海岸線の松林のなかにビッシリ
その浜大根が、早々に画像のように収穫ををしてさといもの味噌汁に、少し苦みと硬さはあるものの味噌汁の中の青物としては最高と思います。
それにしても身近にこんな多分昔の人が大切な食材として利用してたと思われるものと出会えてこと又、それに若干係れたことに感激です。  もう一枚画像を
 
  ◎  テレビ局が来た~                        17/09/06
 
本当良かった~デス
前から予定していたテレビ取材、ハイ撮ってと言わんばかりに昨夜からの雨もやみ、18名の仲間とともに栽培する砂里芋(さりいも)の収録がまずは無事に終えることができて

それこそ半日ビッシリの収録、明後日の初出荷の合間のバタバタしたアット言う間の午前中でした。
放映日公表して良いと思うのだがこの12日AM、新潟テレビ21にて放映とのこと良かったらよろしく、尚、作業場内でのとし子さん一生懸命説明の収録画像です。
 
  ◎  初堀上です。                        17/09/04
 
とうとう本年29年産さといもの堀上です。
例年より一週間以上も遅い堀上ですがまだまだ例年より太りが遅れている状況です。
マスコミでの野菜の高騰が放映されていますが、さといももその例外ではなく低温、太陽様が出なかった事、長雨と悪条件が重なり太り等今の時点でまだまだ不満足の生育と状態です。
しかし味ではいい塩梅で乗っていると確信をしています県内では本年より某量販店(今の時点では某としけ言えず<(_ _)>)の販売も計画をしております、砂里芋(さりいも)是非ご賞味をして頂ければ思っています。
 
  ◎  色ずく秋その2                         17/09/02
 
園主は色ずく秋でこの夏目を子供心で何故か記憶に残ると言うか、今でも気になる木です。
多分腹がすきまだ完全に熟さないのに食べた甘酸っぱい記憶が頭の隅に残っているのか、この実を見るたびに秋を感じます。
 
  ◎  色ずく秋です。                        17/09/01
 
どうも今年は天候がおかしいのでしょうか?
低温が続いてもう完全な秋でしょうか、確かに暑い日も続いたのですが昨日、今日と夜は毛布が必要です。
そんな中でも稲穂は着実に色づき始めていますが、これとて収量的に低温により例えばもみ殻が厚かったり、充分に受精がゆかず不稔のもみができたりと悲観的に考えると落ち込んでしまいそうですが ~~
それこそ暑い夏は豊作って言われ育った物には若干不安なこの頃の天候です。
 
  ◎  地蔵様祭り                         17/08/23
 
子供の頃この地蔵様祭りが楽しみでどうしょうもなかった気がします、おもちゃ屋と蒸気パン屋さんがこの日は出店するからです多分親にほしい物をねだっていたのかと思います
が、今ではその由来等、又集落との係り等どう言うものかヤフウー、グ-グルで調べるしか
ありませんが~~
ただその由来の中に子供がと言う文字がありました何とか今後に繋いで行けるキーワードになるのでは思ったのですが
今日もうれしいことにおもちゃ屋さんが2軒蒸気機パン屋さんが来店していました  
 
  ◎  稲の花                         17/08/22
 
これは、あいがも有機米のやっと咲いてきた在来コシヒカリの花です。
そろそろ花盛りというのにどうもここのところ太陽様が顔を見せてくれません
有機米以外のコシヒカリの開花時期は丁度いい塩梅のこの8月の上旬でした、どうか今後太陽様も顔を出しこのあいがも有機米も受粉がうまく行きみのり多いことを願うばかりです。
 
  ◎  試し掘りその2                      17/08/21
 
昨日に続いて試し掘りのいもを使っての一品
で少しちいさめのチビのコロコロいもを使って
カボチャとさといもの煮物と言うことですが
とし子さんさん曰く『面白い組み合わせだったがさといもに味が今少し染み込まなかった』と反省
園主はこれでそれなりに面白い感じと言うか食感で楽しい味でした。
 
  ◎  試し掘り                      17/08/20
 
     昨日、本年産のさといもの試し掘りをやりそれをシンプルに茹でさ~っと塩を振って頂きました。
いや~味はちゃんと乗っていてほっこり食感もいい塩梅で本格的な堀上の来月には美味しさを皆さんにお届けできます。
まずは当園としも一安心です。
難を言えばやはり全国的に野菜全般の生育が遅れているとの事我が家のさといもも例年より太りが少し遅れているのが正直なところです。
 
  ◎  晴れぬ夏                      17/08/19
この画像は嬉しいことに孫の100日を祝って温泉地で宿泊、早朝ホテルの窓越しから撮ったものですが、祝いとゆったりの休養は良かったものの、どうもここのところ太陽様が
顔を見せることが少なくて~~
予想されたように野菜の生育遅れによる高騰の様子がテレビに放映されたりしていますが、今後お米等の農産物に影響(被害)のないことを願っていますが ~~

 
  ◎  大きくなりました                     17/08/16
 
とし子さんさといも畑で大きく万歳です。
たまには、大きくさといも畑をアップしてみました、トラックの荷台の上からそれも三脚を一番高くして撮ったつもりでしたがもっともっと上から撮れば奥行が出てたのではと反省です。
来月、9月になれば本格的な収穫が始まります、本年はどんなさといもが収穫できるのか園主もワクワクドキドキの気分ですが~~
もう2~3日後に試し掘りをと思っています。
 
  ◎  ご先祖様に                     17/08/14
 
昨日のお墓参りでは姉と妹夫婦が関東、関西方面から里帰りで、又、そこへ我がこども夫婦も加わり総勢10数名かの大所帯の賑わい、さぞやご先祖様もうるさかったのではないかと思ったりして ~~
お盆だからできる賑わいご先祖様も許して喜んでいるのではと勝手に思ってますが

そして一夜が明け今日から3日間この様に本来は蓮の葉を使ってのご飯をお供えなのですが、さといも農家の我が家はさといもの
葉っぱを使用します。

  仏前にこのように
 
  ◎  福島のもも                        17/08/10
 
有り難いことに本年も美味しい贈り物が届きました。
福島のももと言えば全国的にも有名で、箱を
開けた瞬間に部屋中に広がるももの香り、まずは一つ手に取り水道水で洗い皮ごとガブリと行ってしまいました。
本当にありがとうございます。
 
  ◎  ぼんぼり                         17/08/09
 
毎朝にこのコンビニのコーヒーが癖になりつつあり、とにかく仕事始めにまず一杯ですが
なんと、今日初めて店内にこのぼんぼりを発見です。
お盆が近づいてきたな~って感じで
実はこのぼんぼり以外と地域限定使用のようでこっちではお盆のお墓参りにお墓に立て
中にローソクを灯すと言うぼんぼりですが~

しかし、何故かコンビニにこのぼんぼりか~
変な感じですが、そうか集落内にお店(雑貨屋風)がなくなったもんな
 
  ◎  加治川支流です。                     17/08/08
 
連日暑い日が続き少し体もバテ気味ですが
今日のトップページの画像はなんとなく涼しさをと思い載せました。
実はこの川は加治川の支流で画像のようにポンプでさといもの灌水に使わせてもらっていますが、きれいな水でさといももどんどん大きく成長しています。
 
  ◎  巻っ子良い塩梅で                      17/07/30
 
いや~良い機械に巡りあいました。
以前よりこの機械は知っていましたが、同じさといもを栽培している仲間と一緒に買いましたが使って見ると良いこと良いこと実にいい塩梅で~~
今までは腰を曲げてこのマルチをはいでいたのですがもっと早く買っておけばとあらためて思いました。
それでこの巻っ子の性能はさといもの畦をまたいで自分でマルチを巻き込みながら前進してゆく優れもので、調子が良ければ畦の端で待っていればとなんともいい塩梅の機械です
 
  ◎  今日は快晴                       17/07/26
 
いや~やっと晴れました、今日は快晴です。
この画像は今日の朝日輝く早朝の田んぼ
大雨により新潟県内も被害発生でここ数日蒸し暑く心も悶々とした状態で少しはこれで解消できたのではと思っていますが ~~
しかし明日からは又、猛暑がとの予報どうかお天道様ほどほどって言う言葉を忘れたのでしょうかネ~
 
  ◎  猛暑対策に                       17/07/22
 
今日の朝日の様子です。
連日の30数度の猛暑でこれじゃ日中の農作業、体が持たないと言うことで早朝型に仕事をシフトしました、朝4時少し薄暗い時間に起床そして畑に到着するとこの朝日です。

8時まで働いたとして若干涼しく4時間ほどの時間濃密に作業することができます。
 
  ◎  ふるさと納税                      17/07/18
 
有り難いことに聖籠町のふるさと納税品として当園のあいがも有機米と減農薬米を使用してもらっています。
6月の町の返礼品として人気のさくらんぼがほぼ終了し又、野菜、お米が返礼品となりつつあります。
やはり、少しでも町の自慢にと心を込めて返礼品に取り組んでいます。
 
  ◎  大きく伸びてきました。                    17/07/15
 
今日トップページにアップしましたが、ここのところの蒸した状態の高温で人間はギブアップ状態ですが多分さといもは逆に大喜びで生育旺盛だと思っています。
当然蒸すとなれば水分が豊富にと言うことが条件で連日の灌水作業が日課となります。
たまたま本年のこのさといも畑の隣地が若干荒れていて、海岸が近い畑なもので多くの浜昼顔が群生していてさといも畑と浜昼顔でパチリです。
 
  ◎  塩です                         17/07/11
 
今日は暑っちえ いや熱すぎる~~
さといも畑の草取り、培土でどうしてもかたずけておかなければと言う段取りで出かけ一服で出ました塩が

ここのところ全国的に猛暑、当地聖籠町も35℃を超えようかの暑さ、この塩効果的にはいかがかとは思うものの気分的にもなめて頑張るべ~
午前中は頑張ったものの、さすが午後は休みです。
 
 
  ◎ 雨、雨です。                       17/07/04
 
今日は一日雨、本年は空梅雨かと思いきややはり降る時は降るんだといまさらながらに感じていますが~~
止まぬ雨は無いとは言いつつもこの辺で止んでもらいたいもの、今回台風とも重なり県内を含む北陸地方では災害も発生、田んぼも畑もも~水は不要デス
 
  ◎  出ました怪獣                      17/06/30
 
出ました怪獣です。
毎年の恒例でこの時期に必ずさといも畑に出没します、名前はハスモンヨトウと言いあっという間に葉っぱを食べ大きくなります、茎の中や土中に入り込むような悪いことは無く退治は容易ですが、なんとなくグロテスクで怪獣っぽいと毎回思います。
 
  ◎  イヤ~いい塩梅です。                    17/06/29
 
ここの所低温が続いて農作物の生育が心配されるのですが最近若干気温も持ち直してきて少し安堵をしています。
そんな中ビール党の園主いち早く枝豆をとハウスの中に定植が有難いことに食べごろと思っていて、ドッコイとし子さんもそれをキャッチしたのか夕食に登場です。
こう言う所ではアルコ~ル好きの想いは一緒みたいです。
 
  ◎  又、雲雀です。                     17/06/25
 
目がしっかりしてます、もうすでに外敵と判断で動こうとしません。
もう何日かで巣立ちの時と思いますが、良かったら来季もさといも畑で会えればと願ってます。
 
  ◎  みよけました                       17/06/22
 
イヤ~嬉しいことにとうとう見よけました。
当然、まだ目が見えずチュウ~チュウ~と言うとすぐさま口を大きく開けてくれます。

しかし、繰り返しますが何年もこの雲雀の産卵の様子を見てきましたが、丁度良い位置に産卵していまして、今回のさといも畑すぐ近くに養鶏場がありカラスも多く、常に電線上に居て様子をうかがっていますが多分ここだったら大丈夫と思います~  多分

 
  ◎ 宝石です。                        17/06/21
 
聖籠町の自慢さくらんぼです。
今日は嬉しいことに2軒の栽培している方から頂戴しまして食卓には宝石三昧、そして味も良し丁度、佐藤錦が当地では旬とか、そして園主期待をしているのが俗に言う晩生の大玉系統のものを是非食べなければと思っています。
 
  ◎ 急がねば                        17/06/19                    
 
本年さといもの栽培圃場は3か所合計で1.5haと少し欲張った面積となり、その分正直作業が遅れ気味で、砂丘地で栽培するわれわれのさといも、水が命と知りつつ伊藤農園
園主急がねばと灌水の段取り頑張っていますがどっこいポンプが悪かったり配管に漏れが出たりと焦るばかりなり又、ここ数日雨の気配が無しときたもんだデス

ああ~雨よお願い致します
 
  ◎ 雲雀さん                         17/06/17 
 
ちょっと見えにくくすいません、今年もさといも畑に雲雀の卵を発見、そっと近づいて親も撮るとなると言い訳ですがこんな画像に、近づきすぎて親が去った後のきれいな4個の卵
どうかカラス等にやられづ成長してと願うばかりですが、それにしても丁度良い塩梅のさといも定植穴に産み付けたものです。

同時にこれからだんだんさといも株が大きくなって窮屈になるのでは、いやそれまでには
ヒナは成長して巣立って行くか~

       さといも畑のひばり
 
  ◎  園主笹の葉採りです。                      17/06/15
 
最近、雨は降らずもどうもパットしないと言うか爽快な気持ち良い朝が無かった気がしていて、しかし今朝は久し振りに素晴らしい朝

園主この画像のようにとし子さんから朝に『笹の葉採って来て』の一言、園主『ハイ了解』と我が家の田んぼの横のいつもの笹畑(冗談)で400枚程を採り早々に家に運搬あとはとし子さんの笹だんご作り、昨日関東からお米の注文のあった方、又お世話になった方
へと午前中に作り、夕方には宅配業者へと言う段取りで明日には『美味しい~』の電話が、こっちもいかった~いかった~
 
  ◎  里山の水                         17/06/13
 
ここの所新潟県内連日低温注意報発令で、遅植えの当園の早苗はイマイチ生育停滞ぎみ(またそれ以上の遅植えの有機ヒカリはどうしょうもない状態ですが稲自体の生きる力を信じるしかないと思っています。)

そうそうこの画像はお米でなくさといも関連画像ですが、低温とは言え同時に乾燥注意報もこれまた発令されていますが、水が命のさといも母なる大河の加治川よりズ~ット里山を経由して各田んぼへの途中の水を頂戴の準備を今日一日実施です。
 
  ◎  園児とのあいがも放鳥です。                  17/06/06
 
毎年恒例子供園の園児とのあいがも放鳥
ですが、まずはおっかなびっくりの様子の画像 ~~

 〇 しっかりつかまえて
 〇 こっちの田んぼへネ~
 〇 そしてゆっくり田んぼに~
 〇 ハイ放鳥成功です
 
  ◎  最盛期です。                    17/06/04
 
とし子さん早朝より昨日に続いて笹だんご作りです、画像は大鍋で煮て玄関で吊るしさましてる画像です。
この時期、笹採りで多くの人と出くわしますが
みんなこの笹だんご作りにあっちこっちに送るために頑張っています。
  と言うことで
おお~い、我が兄弟の皆さん近々届きますので食べてね
 
  ◎  来ました来ました                    17/06/02
 
今年も来ました来ました頼もしい可愛い助っ人あいがも君が、昨年の反省で田んぼに即、放鳥する前に今少し水に慣らしてと言うことで、ハウス内のプ~ル育苗に使用のプ~ルにまずは放鳥です。
さすがに水鳥です、大喜びでプ~ル内走りまわっています。
この5日に恒例の子供園の園児と放鳥の計画ですが、日前も多くありませんが少しでも水に慣れスム~ズに田んぼを駆けずり回って欲しいと思っています。

頑張るあいがも君
 
  ◎  大きくなりました。                   17/05/28
 
本当に大きく育ってくれました、先月の23~24日に定植の9月一日よりの出荷を目指す早掘りの里芋の今日の様子です。
今日株元の除草でどうしても被覆材をはいでの作業となりあらためてうね全体を見て成長塩梅の確認でしたが、まずはここまではお蔭様で順調ですが、これからが培土、病害虫、灌水と一つ一つ丁寧にやってゆかなければと思っています。
もう一つ画像トラックの荷台よりの様子
 
  ◎  有機米田植え終了です。                   17/05/26
 
昨年も丁度今日あいがも有機米の田植えを実施していまして、マ~風も無く暖かく田植えには最高の今日の天気、植えている方もはかどることこの上なしってことですか ~~

又、恒例になった子供園の園児との楽しいあいがも放鳥の計画を先生方と詰めて行かなければと思っています。
一昨日には遅ればせながらさといも全て定植終了、そして今日のあいがも有機米の定植で田んぼも終了、マ~なんとなくらっくりが正直な気持ちです。
 
  ◎  道ブシン (農道普請)                       17/05/21
 
居並ぶ男たちの面々、今日は日曜日の朝
5時我が集落この時期となると田植えもほぼ終了して恒例の道ブシンの日、舗装されていない農道にジャリをひいてデコボコが無くスム~ズにトラックが行き交いができるようにと
行いますが ~ (農道普請)
各それぞれ自分の田んぼ、畑の行き帰りでここの道のこの箇所には穴があるのでジャリをと積んでは散ってゆきます
積み込み そしてカアチャン方
 
  ◎  わらび、ワラビ、です、デス                    17/05/19
 
さといも定植が大幅に遅れ気味で一生懸命頑張っておりますが、どっこいその畑の脇に美味しそうなワラビが一杯ありまして一応
画像の手前が開き気味のワラビと言うことで~~
定植も大事ですが、やはりワラビ採りもやらなければと、とし子さんワラビ採りに夢中となり持ち帰り即、アク抜きそして夕食には食卓に、なんと素早くシャキシャキ感又少し感じるヌルヌル感渋み感がいい塩梅で 伊藤農園は何をしているんでしょうかネ~
 
  ◎  田植え終了です。                     17/05/17
 
昨日やっと植え方を終了です。
そして、今日の朝より昨日植えた田んぼにゆっくりと水を入れます、やはり毎年々終了後の反省点がいくつかあり、本年田植えと同時の元肥施肥の量の調整を少し間違えてお
り後ほど手直しと思いますが、まずは、大きな田植えのイベントを終了して一安心です。

そして、今日から又、さといもの定植作業と
農家この時期体を休める暇なし、これで良いんでしょうかと思いつつ、とりあえず本田、本畑に定植をしてしまえば ~~こっちのもの
あと残すはあいがも有機の田植えのみです。
 
  ◎  田植えです。                     17/05/14
 
いや~今日は最高の田植え日和、計画としては昨日からの予定も雨模様でやむなく中止しかしこの画像を見てもらえば一目瞭然、雲一つないとは言わないまでも遠くには残雪の飯豊山、風も無く田植え作業もはかどり気分そう快の穏やかな日、どうかこの調子で秋にはもそう快な収穫時期を迎えられるようにと祈りますが ~~
世の中そうはうまく行かないと思うものの、念ずる
 
  ◎  伊藤家八代目誕生です                      17/05/13
 
昨年結婚の長男夫婦に男の子が誕生です。
丁度一週間前の誕生で、ジジ、ババも一週間振りのご対面で前回よりしっかりとした顔立ちにビックリですが ~~

昨年の暮れの三男の子に続いての二人目の孫、さてさて今後どんなジジ、ババぶりの発揮となりますか、とにかく丈夫に育ってと願うのみです。
美由紀さんご苦労様、ありがとうございます。
 
  ◎  代かきです。                           17/05/11
 
今日も一日代かき今日で4日目一応予定として今度の土日に田植えと言うことで子供達と算段をしていて当日は大いにはかどる様に準備をと頑張っていますが、ここにきてどうも天気の方が怪しくなってきて、しかしお天道様だけにはかなわずでその時はその時デス
もしかして変わったりして、雨の事、水の塩梅
苗の状態どうあれ準備は万全にと ~~

そうそう代かき作業は、春一番に田んぼを耕起して次に水を張り田植えがスム~ズに行くように田面を平に又柔らかくしてハウス内の早苗が田植え後即、活着できるようにと言う作業です。
 
  ◎  聖籠町自慢の根上り松                      17/05/05
 
以外ときれいに撮れたのではとハイ、自己満足ですが~~
いつもさといも畑の道中にこの聖籠町指定天然記念物の根上がり松があり、又その脇にと言うか下に田んぼがあり、前から田面に映るこの値上がり松をと思っていて、畑から帰る途中夕日も良い塩梅でパチリです。

尚、この根上がり松のついては樹齢800年とも言われ、その下に立つと威厳、今風に言うと底知れぬオ~ラを感じます。
 
  ◎  蓮潟河内神社春の大祭                       17/05/03
 
今日は大祭、春祭りです
朝一番に景気よく花火から始まり、本年は又
自治宝くじの恩恵での新品の子ども神輿の披露、毎年の蓮潟神楽と ~~
午後3時、いよいよクライマックス神楽舞、おみこしまきと河内神社に多くの人が集い、本年の豊作(農作物のみでなく個々でも色々な意味での豊作)を願います。

それにしても天気が良くていい塩梅でした。
神楽舞に集う子供達
 
  ◎  宵宮(よみや)                    17/05/02
 
明日の河内神社の大祭に向けての今日は宵宮、我が部内は神主宿の役を仰せつかり
園主はその中の神主さんの送迎担当、神社
内の薄暗い裸電球の灯りの下での幻想的な巫女の舞、そして最後に氏子一人一人へのどう表現すれば良いのか扇子と鈴をかざし
払い、好天が予想される明日の大祭が楽しみです。
 
  ◎  盛りです                    17/05/01
 
垣根のドウダン今が盛りと咲き誇っています実はその裏側も自慢じゃ~ないけれど見応えがあるんです。
ドウダンの白ツツジの赤のコントラスがこれまた見頃です。
 
  ◎  山菜天ぷら                     17/04/30
 
朝に「コゴミだよ~」と顔も見せずに置いて行くいとこ、又長男が昨日職場のコシアブラだと持ってきて、それじゃーハウスの隅のアスパラ、また我が庭園の(?)ウルイでこれら山菜風の天ぷらはどうでしょうかネ~とし子さんとなり早速に実行あるのみで今晩の食卓に

   揚げる前の山菜
 
  ◎  有機米の種蒔です                     17/04/26
 
少し肌寒い雨の今日昨年より一日遅い有機米の種蒔です。
ちょうどいい塩梅でと言うと変ですが、アクシデントで播種機が止まった状態となり説明に丁度良いのではと、30センチ×60センチの育苗箱に種を蒔く順番に下段から箱の一番下に(底に)床土を次に灌水をして種を蒔き(中間に)、最後に播種後に上段に覆土をして一連の種蒔作業終了です。

とは言ってもこの言葉だけでは説明できません、来年の種蒔時興味のあるお方御来園を
 
  ◎  今日は手植えです。                    17/04/24
 
一昨日は里芋の機械植え、昨日の日曜日は総動員してのポットの手植え、支柱をして霜にやられないように霜よけ被覆材を掛けて毎年恒例の伊藤農園九月一日からの出荷を目指します。
皆さんに動員を掛け手伝ってもらった日曜日本当に晴れて又、風もなく定植には最高の日で仕事もはかどり皆さんに感謝です。

そしてこの画像は昨日少し残った作業を今日とし子さんと二人で実施した様子です。

昨日から今日に掛けての作業終了画像です
いち早くさといもの美味しさを皆さんにと思い頑張ります。
 
  ◎ さといも定植開始です。                     17/04/22
 
下段のマルチのはげたのを直し、早速に昨日から機械植えの開始です。
本来は、マルチの中の地温を十分に上げてからの定植が理想なのですが、今回の強風により計画が狂い、又、種の方も芽が伸び早めの定植となりました。
どうもここのところ若干太陽様が顔を見せて
くれるものの気温が上がらず、肌寒い日が続くのが少し気になります。
 
  ◎  春の嵐                      17/04/20
 
いや~参ったデス~。
一昨日、昨日と春の嵐にやられました、あの
強風もう~どうすることもできません、嵐の前の前日に風もなく良い塩梅にとさといも定植
マルチ掛け、所がどっこい次の日又、次の日と春の嵐の襲来 ~~
「お~いマルチはげてるぞ」の連絡にもなすすべ無  あ~どうしょう
でも、直して又、一からやるしかありませんが今後色々と対策は考えなければと思いつつも自然の力の凄さに参った次第です。

 
  ◎  稲の種まき                       17/04/15
 
昨日に続いてのお米の種まき、昨日はコシヒカリで多くの種まきをしたので親戚の人に手伝いをして頂きましたが、今日はヒカリ以外の残り少ない量の種まきと言うことで二人で
実施です。

ここに来て心配なのがどうも天候が定まらず
低温気味、色々な所に今後影響が出ないことを願っています。
 
  ◎  ぼかし肥料散布                      17/04/10
 
今日ぼかし肥料を本年作付のさといも畑に散布です。
全ては美味しいと言われることを願っての一つ一つの作業そしてそれらの積み上げ、美味しさは食べた人が決めること千差万別も承知の上、しかし、今自分のこのやっていること実施していることが美味しいと喜んでもらえる根源であると信じて
 
  ◎  本年最後の種いも株分け                    17/04/07
 
欲たかりの園主若干さといもの栽培面積を増やそうとたくらんでおりまして~

外はやっと久々のしっとり雨桜の開花もこの雨で少しは進むのではと思っておりますが
いやそう言ってる場合ではなく、連日さといも種作りに奔走の日々、二人で種いも株の壁に向かい種いも作り、やっと先が見えてきた様子最後の種作りとなりそうです。
 
  ◎  またもらっちゃいました。                    17/04/03
 
また、もらっちゃいました日本海の幸を~
海に面した聖籠町半農半漁の方もおられ、その中にさといも畑の地主さんがいて今回も新鮮なアジをもらい、とし子さん早速にさばいてまずは今晩味は噌風のたたき最高でした

一杯もらったので今後塩焼き、マリネと続きます。

猫も狙ってます。
 
  ◎  浸種                       17/03/21
 
今年は少し遅くめの浸種(しんしゅ)としました
お米の種もみに十分に水分を吸わせ、そろそろ芽を出してと促す作業とも言え、水分、温度、酸素が満たされると発芽となります。
来月の10日前後に種まきの予定でこの梅の木の下でゆっくりその時を待ちます。

    浸種の様子は
 
  ◎  種芋作り                       17/03/18
 
春先のこの時期農家は色々な作物の大切な苗(種)作りの時期です。
多分にこの苗(種)作りが本年の栽培、作柄に大きく左右することも身に染みて体験しています、正確に確実に慎重に基本に忠実に丁寧に農家は苗(種)作りに取り組みます。

    伊藤農園完熟さといも苗作り
 
  ◎  銀山温泉                       17/03/15
 
いい湯でした、山形銀山温泉は、大豆組織の恒例の研修会を兼ねての温泉宿泊です。
丁度朝方に降り出した雪で山々の木々が真っ白となり木造作りの古い旅館と中央の川
正に大正時代にタイムスリップです。
又、今年も大豆を一生懸命栽培して来年もいい湯を求め頑張りましょう
 
  ◎  サンシュの梱包                       17/03/12
 
下段の雪の帽子のサンシュ、昨年も思っていた事で我が屋敷の川べりでひっそり咲かせておいてはもったいないし、もっと皆さんに喜んでもらえる方法として昔のように花市場に出荷と考え、昨日から出荷梱包の開始です。
はたして望むような相場(価格)がでるかどうか?今少し花を膨らませての出荷となります

   そしてその大きさは
 
  ◎  雪の帽子                    17/03/08
 
我が家の枝物栽培のなごりのサンシュの木昨日の雪が、つぼみが割れ少し黄色く色づく房に帽子がかぶった様にのっかっています。

このサンシュ黄色いきれいな花で木肌も皮が
むけた感じでとても好きな木です。
 
  ◎  消雪パイプ                    17/03/07
 
午前中はそれ程でもなかったものの午後に入り急に気温が下がり吹雪状態、3月に入り
ほんと春らしくなったと思ったのもつかの間、正に三寒四温、そう簡単に春は来てくれませんかネ~
昨年設置の集落の消雪パイプももうこの冬の出番は終了と思っていたのではないかと

ゆっくりとゆっくりと少しずつ少しずつ春は来てくれるんです。
 
  ◎  温湯消毒です。                   17/03/06
 
毎年この時期の恒例となった有機栽培研究会の種もみの温湯による消毒の実施です。
温湯(おんとう)消毒と言って60度の温湯に10分間、(品種等により若干異なるも)浸すことで病気の原因となるカビや細菌を消毒、退治します、少しでも農薬を減らして安心、安全をとメンバーが中心に聖籠町の農家にも呼びかけ行っています。
特に有機米栽培ではこの消毒方法がより有効だと思っています。
 
  ◎  春の御納祷(オノト)                 17/03/05
 
3月に入り最初の日曜日集まりやら行事が一杯のこの日、我々山下集落も恒例の春の
御納祷を開催し公会堂で宴席を設けました

午前中に鎮守の森の河内神社でこの画像のお札を神主さんにお祓いをして頂き各集落の氏子代表がその集落の出入り口に棒に挟み立てます。
お札は数枚あり豊作を又その為の虫よけを願ったりしてこの一年の無事を願うとされています。
 
  ◎  続く葬儀                   17/03/02
 
ここにきて葬儀が続きます
ある程度高齢の方々ですがやはり何年も何年もお世話になった身近の方がと思うとなんとも寂しい気持ちですが、坊さんの『いずれかは誰しもが必ず死を迎える』の葬儀の折りの決まり言葉、素直にゆったりとこれを受け入れられるのは何時になるもんか
 
  ◎  伊豆へ                      17/02/27
 
とし子さんまじかの3月のお楽しみの幼友達との西伊豆いや西伊豆温泉の旅行と白板にバッチリ表示 ハイ行っていらっしゃい~
今の時期、正に伊藤農園は農閑期の真っ盛りです気分的にも体力的にもリラックスです。

園主も負けずに
 
  ◎  最後のオカラです。                    17/02/26
 
トラックに乗っているオカラ入りの袋画像です
残念なことに今までお世話になってきたこの豆腐屋さん今月で店を閉めるとのこと、なんともはや寂しい限りです。
トラックと袋を持ち込み一週間ほどできたオカラを溜め込んでもらい、今日最後の我が家への持ち帰りとなりました、長い間お世話になりました、屈託なく『この年で雇ってくれるとこあるかしらネ~』って昔の肝っ玉母さんのような元気な奥さん
ありがとうございました。
 
  ◎  なごり雪                         17/02/25
 
どうりで朝方布団の中で寒かったか久しぶりの銀世界、ただふんわりと、ゆっくりと降った雪で、正にこれ以上は降りませんって様子、そう言う意味でも3月目前のなごり雪ですか

午後には晴れて太陽様も顔を見せてくれました。
 
  ◎  放射性物質検査結果                    17/02/21
 
あ~あもう少しアップして撮れば良かったですか、これは昨日直売所へ行った折りに渡されたもので、県の方でこの直売所から当園の精米したお米を買い放射性物質を調べた検査結果とのこと、当然セシウム、ヨウ素とも検出されずと自信はあったものの、正直遅ればせながらもこの結果に一安心です。
考えて見ればあの震災時の影響で新潟県でもと当園ネットで買ってもらってた人に断られた経験がありますが ~~

  過去の放射性物質検査結果
 
  ◎  発酵してます。                    17/02/20
 
今日午前中にぼかし肥料2回目の切り返しの実施です。
直後からどんどん温度が上昇、切り返し時も
もあ~もあ~と熱気が立ち込めまさに発酵の盛り、そして午後から増量で豆腐屋さんにオカラを貰いに行く段取りです。
ハウスの脇にはまだ残雪、今のこの時期にじっくりと美味しさのもとのこのぼかし肥料作り頑張らないとです。
切り返し後の様子です
 
  ◎  ぼかし肥料作り                       17/02/13
 
いよいよ今冬もこのぼかし肥料作りの始まりです。
当園では平成13年より聖籠の地、当地に根ずく菌(土着菌)を採取しそれを米糠(こめぬか)とオカラを基本に発酵、増量し田んぼ、畑に散布しお米、野菜を栽培しています。
農地も人間の体内も数えきれない程の菌により成り立生かされていますがこのぼかしを利用して少しでも安全安心な美味しいお米野菜をと毎年作っています。

尚、この画像は前年の種菌を新しい米糠とオカラに混ぜている様子で次は今日のトップページのように切り返し(混合)の連続となります。
    落ち葉からの採取菌
 
  ◎  キダケ塩抜き                       17/02/11
 
今日は大切な人を迎えるために、とし子さん朝早くから郷土料理のこにも作りです。
この画像はこにもの具材の一つで昨年の秋に採ってきたきのこのキダケの塩漬けを戻している様子です。
冠婚葬祭、お盆、正月と人が集う時の郷土料理のこにも各一軒一軒でその味、材料が異なり本当に園主は他の家のこにもを食するのが楽しみです。
  伊藤家の食卓の一番にアップしてます。
 
  ◎  さ~やるぞう申告                      17/02/10
 
今年はそれでもとっかかりは例年より大幅に
早くて昨年は3月に入ってから始めましたからと自慢してもどうしょうもないことですが~

さ~やるぞうと座布団に座り部屋いっぱいに場を広げ領収書の整理からです、これをやらないとパソコンに入力ができないと言うことでま~恥ずかしい画像と言えばそうなんですがこれが我が家の現実となりますか
でも正直申告は早めに終了したいですネ
 
  ◎  やっとアップです。                     17/02/08
 
まずは里芋の出荷も終了し(H28年度分)少しの余裕ができたので前からアップしたいと思っていた里芋畑でのヒバリの産卵と子育ての様子を午前中にやっとアップ終了です。
どうしてもマンネリ化する我が家のHP、少しでも変化を加えたものを見て頂ければと思っています。

  さといも畑でのヒバリの子育て
 
  ◎  絵手紙                        17/02/07
 
久々の従妹の絵手紙ギャラリーです。

本年に入り2枚目のもの、例により当園の広い(?)玄関がギャラリーで下のお雛様と並んでの展示となります、そこには花も生けてあったりとあまりにも色々の飾るものありで、やはりこれは多すぎてごちゃごちゃなんですな~と改めて思った思った次第です。
 
  ◎  もう帰るの~ ?                     17/02/05
 
朝の7時過ぎコンビニにモーニングコーヒーをと車で家を出、空を見ると白鳥の大群、一つ二つの例の帯状でなく、遠くの方から何列も何列も北の方向に向かいそれもかなりの高度での編隊で過ぎさって行きましたが、これはもう北帰行でシベリアへ帰るのかなア?

多分この白鳥、水原の瓢湖からと思うのだが
通常だと帰る時期は今月の下旬頃からと言われているようだが ~
 
  ◎  お雛様です。                        17/02/04
 
恒例ですが我が家節分が終了すると即、このミニのお雛様を飾ります。
今日ほんの少しだけ太陽様が顔を見せた時を狙って撮りましたが、あったかほったかの春の訪れをいち早くと願ってのお雛様です。
 
  ◎  あ~あ持ってくれば良かった                      17/02/03
 
今日はだいぶ寒気緩んできたものの時折降る雪、画像で遠くに見えブルーシートに包まれている物はと言えばる耕運機、さといもの灌水用ポンプがセットされていて、雪の中に置きっぱなしですまないな~と反省です。

一応、不凍液は入っているし、ポンプの水は抜いたしと、しかしもっと全部をすっぽりとシートで包めば又は、家に持ってくればとこれまた反省です。
    使用時は
 
  ◎  のろのろ運転です。                   17/02/02
 
前が見えません、午後に役場での会議の帰り道、ゆっくりゆっくりとのろのろ運転です。
雪が降るのでなく横なぐりの雪で、気温も低く
路面はツルツル、ま~こう言う日は車での外出を控えた方が賢明ですね
 
  ◎  農道が見えてきました。                  17/02/01
 
今日の天候、朝方は晴れもありでしたが予報通り午後からは雨、ここのところ雪でなく雨模様の日が多くなり大分雪も解け待望の田んぼ一面の雪のなかに農道がゆっくりと線を引いた様に見えてきました。
青々と草も元気、2月入ったもののまだ雪は降るものの少しずつまちどうしい春を感じます。
 
  ◎  除雪                 17/01/27
 
今日はどうもパットしない天候、しかし雪も止んで少しホットする一日でもありました。
2~3日前の雪で除雪車が集落のあちらこちで高々と積み上げた雪のたかたまり、今後の降り方はたしてどうなるのか~
やはり来月(2月)上旬迄が分かれ目かと~
 
  ◎  気を付けてナ~                     17/01/25
 
今朝も寒波収まらず、昨日から降り続く雪、横なぐりの雪、除雪作業が間に合わずツルツル、又はぐちゃぐちゃ状態の路面、元気に子供達の集団登校、学校はもう少し気を付けてナ~
 
  ◎  川流れ菜                        17/01/24
 
昨日、今日と又寒気が入り込み大雪と低温が続きます、しかしハウスの片隅に植えているこの菜っ葉、外の大雪には関係なくすくすく
と葉を伸ばし元気いっぱいです。

冬場の野菜と言うか、菜っ葉もの(葉物)をと
とし子さん苗を植えたもので、時折おひたしに又、味噌汁にと重宝しています。
若干の苦みもこれまた美味しいです。

ところで、この川流れ菜当地聖籠町でも早春の菜として多く栽培されていて、新潟の伝統野菜の一つでもあります。
 
  ◎  ほんの少し太陽様が顔を                    17/01/17
 
有り難いことに今日は寒気が少し緩み太陽様もほんの少し顔を見せてくれました。
久々なので嬉しくなりパチリパチリです。
つららも長くなりました
 
  ◎  小正月です。                    17/01/15
 
  今日は小正月とし子さん昨夜にモチを搗き
今日10時前にさといもの出荷を終え早速鎮守の森の河内神社にお参りです。
前にもアップしたように当地では小正月はおなごしょ(女性)の正月で、お供えのモチも元旦とは異なり四角いモチの上に丸いモチを重ねてのお供えとなり、正月同様本年の無病息災、家内安全、豊作を願います。
 
  ◎  いや~参った                    17/01/14
 
いや~参った大雪です。
画像の左下は車ですが、昨夜きれいに雪を除いたのですが一晩で又、車の雪ダルマ状態、明日いっぱい降り続くとのこと、ハウスが心配となってきましたこの辺でやめてもらいたいです。
 大雪警報
 今日の雪予報
 
  ◎  これは~降るな~                    17/01/13
 
早朝の画像です。
強い寒気団で朝から雪、今日は一日降雪とかそれもしばらく居座る様子、こちらは海岸線で降雪量は若干少ない予想ですが、場合によっては一晩でドカッと40~50センチもあり得る事も、どうか山間部も含め被害等のない事をと思っています。
 
  ◎  餅つき大会                      17/01/09
 
今日は成人の日、各地で行事が満載の祝日と思います。
当地の聖籠町蓮潟地区でも育成会主催の「さいの神」が行われ、終了後に公会堂で今度は蓮潟環境保全チームが主体となっての子供たちとの餅つき大会の実施です。
若いお父さんたち子供たちと、ついて、食べての楽しいひと時でした、関わってくださった
皆さんご苦労様でした

「さいの神」、「餅つき」と年の初めにあたりこの一年災害等が無く豊作を願う農の想い、と感謝そんなことをつい思うのも年のせいでしょうか
 
  ◎  明日出荷前の作業は                  17/01/08
 
まずはこの画像昨日の機械選別をより高い選別にと基準のいもを片手で再度手選別です。
又、出荷の荷姿も色々あって袋詰めの様子
そして手選別をやったA品の5K箱詰めの作業はと言えばこのように
 
  ◎  さといも株を分けてから                   17/01/07
 
一昨日さといも株を分けてから一行程を一日掛け終了し、今日は園主選別機の前で選別後方のとし子さんはと言うと、又別な機械で分けた後のさといもの玉に付いているひげ(根)を取り除いています。
ここで、少し初出荷の9日迄の工程を追って見たいと思います。

それでは又、みよう日
 
  ◎  仕事始めです。                     17/01/05
 
三が日例年になく穏やかな正月が今日は打って変わって寒波が入り込み寒い一日となりました。
本年のさといもの初出荷の9日に向け、今日より仕事の開始です、当然ストーブを抱いて
作業場に入り込みの作業、本年より作業内容と言うか行程を変えて、二人でさといも株を分けているのですがシャッター前の大きなカゴを作業場に運び入れ入っている1t程の株を分けている画像です。
 
  ◎  明けましておめでとうございます。                  17/01/01
 
皆さん明けましておめでとうございます
ここ新潟県聖籠町の平成29年度の元旦は時折太陽様が顔を見せてくれた本当に穏やかな一日です。

今年一年災害等が無い穏やかな年でありますよう願っています、又伊藤農園に関わってくださる皆様方のご多幸を心からお祈り致します。(我が家の神棚です)
 
  ◎ 加治川の白鳥                        16/12/27
 
今日午前中は時折日も差す有り難い天気
さといも収穫後の畑の確認で朝方に加治川沿いを通ると白鳥の集団が、一番川幅のある又道路から一番奥の対岸付近で休んでいます。
もう少しするとねぐらとしていたこの加治川から餌のある田んぼ等に飛び立って行きます。
そして又、夕方安全なこの加治川に戻って寝るの繰り返しです。
動植物、いや人間にとっても大切な有り難い
母なる川、加治川です。
 
  ◎  舗装道路                         16/12/26
 
とうとう前から懸案の道が今月、舗装道路となりました、子供の頃この少し小高い(子供の頃はもっと高く感じたものです)きれいな砂の道路と言うと変ですが小高い砂山の上の道路でその先に母の実家があり、家からも近いもので良く通った懐かしい道です。

我々の集落も海岸線の砂丘丘陵地の名残が若干あるのではと感じていてこの道路もその一部ではと思っています。
 
  ◎  おじいちゃんになりました。                        16/12/22
 
我が家にとってお蔭様で良いことが続きます
三男に女の子がお昼に誕生です。
初孫です、おじいちゃん、いや(ずずちゃ)デス

早速、三男の嫁さんのこれも初おじいちゃんがわざわざ山形迄買いに行って用意してくれた、初孫、誕生の酒で初じいちゃん初親父で
乾杯です、
嫁さんの茜さんご苦労様です、ありがとう
 
  ◎  お世話になった人に                     16/12/20
 
年も押しせまり、本年本当にお世話になった方々に当園の感謝を込め田舎の味、野菜のお歳暮を送りました。
白菜、キャベツ、長芋、ブロッコリの小さい物
茸の漬物、等々 ~~
来年もよろしくお願いしま~すの願を込めて

又、この時期逆に色々な物が有難いことに届きます、例えばこれ入沢さんありがとうデス
 
  ◎  長男結婚です                      16/12/19
 
長男、先月結婚式を挙げさせてもらいました
多くの参加者の祝福を頂いて ~
おめでとう~、おめでとう~
嬉しい限りです。

先に言えば良かったのか、やっと画像が届いたので今日アップとなりました。
 
  ◎  降りだしました。                      16/12/16
 
とうとう降り出しました。
朝方の7時前の画像ですがまだこの時間の割りには薄暗く少し降り続いています。
どうりで寝ていて肩のあたりが寒いと感じたのかと納得ですが、お蔭様と言えば良いのか水分の多く含んだ雪で、又明日は雨とか
すぐに消滅と思っておりますが ~~

正月がまじか何時ドカッと積もるか備えておかなければと
 
  ◎  こんこ作り                      16/12/14
 
前回の小春日和のきれいなおみ足の大根
さんにはかなわないですが、今日、みぞれ降る中畑の片隅の大根を堀上洗いシャッターの上にぶら下げです。
年々こんこ作りも本数が少なくなりますがやはり、とし子さんの自慢を待ち望んでいる人がいると思うと又、これを実施しないと正月がと言う気分にはなれません
 
  ◎  美味しい鯖です。                   16/12/09
 
毎年この時期、里芋畑の浜の地主さんから美味しい鯖を有り難いことにいただきます。
とにかく船からの直送、しめ鯖にして良し又
みそ煮も良し、今日、とし子さんみそ煮です
 
  ◎  小春日和です                     16/11/18
 
なんときれいなおみ足ですこと~!

本当に今日は気持ちの良い良い小春日和
この日とばかりセッセト一日中、里芋株をハウスに搬入です。
このきれいなおみ足は当園の里芋畑の斜め
向かいの畑での数日前からの情景で、遠く山の稜線に積雪が、そしてそこに大根さんがホント今の時節のなんとも言えずの構図です
 
  ◎  炬燵で                        16/11/10
 
これは昨日の画像です。
とうとう炬燵です、早々に猫が入ったり出たりで一番喜んでいるご様子、でも人間様もこの炬燵を見るとなんとなく心もホットになります。

今日は少し静かですが昨日は霰が降り、冷たい風もピュ~ピュ~と
畑の里芋も本格的な寒さに遭遇するまえに株上げを急がなければです。
 
  ◎  砂里いもミニケーキ                    16/11/08
 
千葉の姉から砂里芋ミニケーキの画像が届きました。
この前姉の倅に送った里芋(砂里芋)で嫁さんがこれを作ってくれたとのこと、なんとも
嬉しい限りです。
姉曰く、わざわざ一緒に送った砂里芋袋を使ってのミニケーキもっちり感ありで美味しかったとの事、どうもサッチャン海外を飛び回ってのお仕事お疲れ様です、体に気お付け程ほどに頑張ってね
 
  ◎  来季のさといも種                    16/11/05
 
今日は久々の快晴、少し遅れ気味の来季の
里芋(砂里芋)の種の堀上と搬入です。
若干太り過ぎの感があるものの丸みのある
美味しそうな株です。
何十年も自家種の選抜に選抜を重ね、この
地に会った、この地の旬の時期を見極め
たどり着いた里芋と自負しております。

来季少し欲張って作付面積を増やそうかと
考えておりますが~~
それもこれも、この種芋の出来、貯蔵の塩梅
次第です。
 
  ◎  気分転換の森林欲です。                   16/11/02 
 
毎年、この時期森林浴を求め出かけます。

恒例の明日3日聖篭町秋まつりの中の農業振興祭に出店販売のこのキノコ(キダケ)
とし子さん一生懸命売れることを願ってきれいにお化粧をしています。
とは言えこのキダケ、最近の人達にはもう
馴染みも無くなりつつあり、年々農業振興祭での売上も減少しつつあります。

自然のキノコと言う感覚、それを食すること
その内には死語たなるのでしようか?

色ずく秋も
 
  ◎  生けて見ました。                     16/10/28
 
昨日の銀モクセイ一枝頂戴して食卓へ
なんとなく良い塩梅です。

反省、今少し明るくでしたか
 
  ◎  銀モクセイ                       16/10/27
 
一般的には我が家にもある様に金モクセイは良く見かけるものの銀はあんまり見かけません、所が当園の作付田んぼの隣の埋め立て地の垣根になんとなんとこの銀モクセイが
花盛りでビッシリ~~

白く綺麗でパチリです。
 
  ◎  信号機の色です。                     16/10/26
 
赤が筋子、黄色がたくあん、青がきゅうり漬けの生姜風味 ~~
なんと今日の朝食の食卓の上には偶然にも
三色の信号機、よくよく見ると全て塩分多め
のものばかり、面白いので撮っているととし子さん曰く他にもあるのよと載せてね~って

園主塩分とり過ぎとは思いつつも、新米には
こう言うおかずが最高です。
 
  ◎  一等賞です。                    16/10/25
 
本年、あいがも有機米少し遅れての一等賞
です、と言うのもカメムシ食害によりその食害
粒を取り除く為にお知らせが遅れました。

どうしても殺虫剤等が使用できないのがオーガニック、その年により虫の発生状況が異なり本年のこう言う年も想定内と考えております

尚、減農薬米も一等賞を頂きました。
 
  ◎  水蒸気 ??                     16/10/20
 
早朝にこのきれいな光景
水蒸気がクモの糸に張り付いたのか、時折
今、秋のこの時期に見かけますが、丁度画像を拡大すると左側にこの家主なのかクモ
が小さく見えます。
そして、今日は秋の晴天の一日となりました
 
  ◎  秋ですネ~                         16/10/11
 
何に秋を感じるのかって聞かれれば園主
即キノコと答えます。
毎年恒例の場所に行くとありました、ありました雑キノコの一応この辺では早生系統のハツタケと言われているもの、まだまだ2本程
しか会えなかったので採るのはもう少し後になりますか

あ~ 楽しみ 楽しみです。
 
  ◎  砂里芋(さりいも)の出荷目合わせ会                   16/10/10
 
さといも部会での出荷も本格的な時期に入り
会員、パートさんも含め出荷規格等、十分に
熟知、統一を図る目的で出荷目合わせの実施です。
それにしても、毎年これを行うわけですがどんどんと参加者が増え嬉しい限りで、同時に
部会長として責任めいたものも感じるのが正直な気持ちです。

もう一枚
 
  ◎  満天☆青空レストラン 出演                  16/10/08
 
今日の満天☆青空レストランの予告の通り
来週15日の土曜日我々の美味しいさといも
砂里芋(さりいも)の放映が行われます。

その時の収録時の、宮川大輔さんと俳優の
大野タクロウさんとの記念の写真です。
マア~どんな塩梅で放映されるのか心配
そして、がっぱ恥ずかしいです。
 
  ◎  コナギの花                         16/10/07
 
この画像田んぼの雑草でにっくきコナギです今日最後の有機田を刈り、その田んぼの片隅のこのコナギがこんなきれいな花を咲かせているのがコンバインド上から見えるわけで
にっくきコナギさりとて可愛い花、何ともはや
ですか~

 
  ◎  何とか台風前に ~~                      16/10/05
 
今日は少し焦りました。

台風18号が新潟に接近、いや前代未聞上陸の予報も残すは7枚の田んぼの刈り入れすべて有機米ながら乾燥機の都合上で3枚
しか刈れず、それも今日その3枚の田んぼ
雨が多いとコンバイン操作不能の田んぼ、刈り入れ終了して良かった、ホットした。
俗に言って、こっちの方言で『いっそくとび』を
しました。
 
  ◎  焼きなす、焼きピーマン                       16/10/04
 
とし子さん、ここの所時折朝食にこの焼きなす、焼きピーマンがお目見えします。
敷地内のハウスで収穫、即フライパンで焼き鰹節を踊るのを見ながら醤油を垂らして、新米のコシヒカリで頂く、なすは少し暖かく焼き
たての美味しさ、ピーマンは少し歯ごたえありで、若干の独特のエグミと言うか苦みが何とも言えない。
 
  ◎  遅れる刈り入れ                         16/10/02
どうしたもんか天候のせいだけではないのか当園の刈り入れが遅れておりまして、お客様にご迷惑をおかけ致しております。

ここにきてどうにか天候も持ち直し今日も刈り入れ、明日から減農薬米の刈り入れ最後に有機と言う段取りにはなっているもののここに来てまた台風18号が、どうかそれてくださいマセマセってネ~
お願い
 
  ◎  ぬるっと、ころり砂里芋(さりいも)                     16/09/30
 
恒例の絵手紙、従妹による狭い当園玄関でのギャラリ~展示、今回は砂里芋を題材に取り上げたとのこと。
当人仕事としても長い間料理にも関わってき
て砂里芋の表現のぬるっと、ころりこの表現(言葉)はさすがだと思いました。

 
  ◎  いつの間にか                     16/09/28
 
予報通り朝方の曇った天候7時過ぎにはとうとう降りだしました。
その降り出す前にこのモクセイを何とか撮る
事が出来ました。

毎年何時咲き始めるのか気が付かない内に
いつの間にか可愛い花、匂い届けてくれます
気づかない内に咲いてそして地面に黄色い絨毯を引詰めるモクセイ、我が家の小さい
庭園の大切な木です。
 
  ◎  晴れてくれませんかネ~                  16/09/27
 
秋の花の秋桜
秋の桜か誰がこの漢字を附けたものか

それはさて置き、コシヒカリ我が家は刈り入れの最盛期、ところがどっこい太陽様が顔を
見せてくれません、ぐづついての天候今日は
何とか一乾燥機分は刈り入れたものの明日
は完全に雨模様、稲刈りはできません。
刈り入れの終わった農家もポツポツ若干焦りもが正直なところです。
そうそうなぜ秋桜の画像かと言えば、今日のようなこんな天気のものでなく以前に撮った晴天時のこんな秋空の下の秋桜が待ち遠しいです。

 
  ◎  雨の曼珠沙華                     16/09/23
 
ここの所連日の雨
コシヒカリの刈り入れ時期の真っ盛りのこの雨、なんともハヤ天候にはかなわぬ農家の定め  ~~

止まぬ雨は無しとか、何とかしなければ~~ってネ
 
  ◎  買っちゃいました。                       16/09/21
 
どうしたもんか同じ車種の前のこのワゴン車
やたらエンジンオイルが減り一週間に一度は
オイルを補充、車屋から言わせると『オイル切れの赤ランプが点灯しているのに忘れてしまってそのまま走って~ではないの』のお言葉そんなことは無いハズだがと思いつつ、その内に完全に俗に言うフケなくなりしまいにはエンスト~~ ニッチもサッチも行かなくなり、14万キロも走ってくれたしこの辺でと今回の購入、交換です。

里いも畑の通勤に近所の昔のおねいさん達
移動こう言う車が必要なんです。
 
  ◎  秋のお彼岸                         16/09/18
 
明日は秋のお彼岸の入り
とし子さん仏壇とお墓にお供えする生花を買い付けてきました。
以前はだんごを作りお墓にお供えをしていましたが、カラス等の食い荒らしで食べ物のお供えは自粛の傾向にあります。

本年、今が丁度コシヒカリの刈り入れ真っ盛り、しかし今日久しぶりの雨で少し刈り入れの一休み、部屋で秋の虫の音を聞きながら
HPの更新です。
 
  ◎  聖籠町放射性物質検査                       16/09/16
 
本当に聖籠町でこう言う検査をやってもらうと
私を含め農家さん大助かりです。
以前は遠く専門機関にお金を支払っての検査、考えて見れば、当園のお米も放射性物質での汚染と言うことでお客様が離れて行きましたが今又、思いだしますが、いまだに故郷に帰るこたができず好きな農業もやれない状況にある福島の農家さんを思うと切なくなります。

以前の伊藤農園の検査
 
  ◎  色ずく秋                         16/09/15
 
色ずく秋と言うと園主には甘柿の色ずく秋が
即座に浮かび、遠い遠い昔のそれこそ甘い
記憶がよみがえります。

今日、集落でも数少なくなった小野さんのこの甘柿の木を撮らせてもらいしたが、『まだ
よんでないよ』の言葉に、『ハイ、よんだら又、撮らせてもらいますよ。』と交わす言葉
これからもっともっと甘くなり美味しくなるのは
稲の刈り入れが終了した来月になるのでは
と思います。
ちなみに
『よんだら』とは熟したらの意味デス
 
  ◎  その後のあいがも君                     16/09/12
 
田んぼでの除草の大仕事を終了し上げて一か月半大分体が大きくなりなんとなく丸みも帯びてきてきましたが年末の食材にもっとコロコロと太って欲しいものです。

こんなに大きくなっても外敵にやられないように電柵と上部には網と万全な防御は欠かせません。
 
  ◎  某テレビ局取材                    16/09/10
 
当園に今日某テレビ局の取材です。

ず~っと前から下見等の段取り今日の本番
まだ正式にこれに関しては告知はできない状況で後日お知らせできる様になりましたら皆様にと思っています。
とし子さんと二人で今日一日びっしりテレビ撮りくたびれましたが砂里芋の宣伝、聖籠町
の宣伝と少しはできたかと思えばなんとなく充実した一日になったのではと ~~
それにしてもどんな顔になって放映されるのか怖いですけれども~ね
 
  ◎  頂きものです。                    16/09/09
 
今日の午後仕事の都合で家にいると、どうしたもんかお客様が次々と来園、驚くことに皆さんお土産を持ってでありまして、聖篭町特産の果樹、園主の好物のコレ、なんとまア~
嬉しい限りでありまして、こんな一日もあるもんだとうれしい驚きです。
 
  ◎  砂里いもエプロン                     16/09/08
 
某テレビ出演がほぼ確定し、特に女性部が
料理担当での出演と言うこともありさといも
部会で作りました。
この画像を見ながら、やっぱり園主は様になってはいませんネ
このエプロンで全国に砂里芋(さりいも)又
我が町、聖籠町(せいろうまち)をおおいに
宣伝をしたいと思います。

 胸のロゴです
 
  ◎  早生の刈り入れ                    16/09/07
台風一過でしょうか連日猛暑のこの2~3日
こう言う時はお蔭さまでと言って良いものか
どうか田んぼは固くコンバインは大助かり、又、すでに田んぼで乾燥しているもので乾燥機も短時間で灯油代も大助かり ~~

ところが早生系品種カメムシの食害が多く
早生の糯米の検査でだいぶ発生とか昨年も当園このカメで2等と言う苦い経験、それを受けてカメムシ予防2回から3回に増加したが、まだ検査前ですがどうかその効果が表れますように

 
  ◎  あいがも有機田ヒエとり                  16/08/30
 
とうとうあいがも有機田あまりの雑草(ヒエ)の多さに二人の男衆に協力を依頼です。

あいがも君の本年の動き、活躍は昨年比素晴らしいものがあったもののこのヒエだけはさすがのあいがも君お手上げの雑草で、仮にこのヒエのいまビッシリ付いている種が落下の場合来季のこの田んぼどうなるか、想像するだけでまいっちゃいます。

これだけは人力で何とかしなければ
 
  ◎  初掘りあげです。                   16/08/29
 
いよいよ待ちに待った待望のさといもの掘りあげの実施です。
お盆に恒例の試し掘りを実施するも、どうも太りがイマイチと思っていたのが正直なところで心配していましたが、太り、丸み、そして肝心の味も乗っていて、自信をもっての9月一日からの出荷が出来ます。

尚、ネットでのお客様のご注文は10月一日からとさせて頂きます。

お待ちしております。
 
  ◎  さといも除草                     16/08/24
 
とし子さんミニロボに乗りさといも株の根元の
除草を実施です。
このミニロボ畝間の狭い通路を自走し除草する人を引っ張ってくれる優れものです。

もう5~6日もするとさといもの早掘りもやらなければと、掘り始めると出荷一辺倒となり
草にかまっている暇もなくなるので、早めに
やってしまわなければと頑張ってます。
 
  ◎  東京六大学野球                      16/08/20
 
東京六大学野球オールスターゲームin新発田がそれこそ聖籠町の隣の新発田市で行われ甥っこの子、理佐が早稲田大学のチヤガールとかで、おばあちゃん、親父、そして可愛く本人が来ての何年振りかの記念撮影です。
あんな小さかった理佐がこんなに大きくなり
俺も完全なオジサンになるわけだわな~
 
  ◎  色ずく稲穂                       16/08/20
 
この穂はコシヒカリではなく早生品種です。
まだまだ連日30℃以上が続きますが、時折朝晩フット秋を感じる瞬間があります。

この夏の高温で稲穂の登熟が増して刈り入れも早まるのではと思っています。
 
  ◎  プレゼントです。                   16/08/18
 
次男からの嬉しいプレゼントです。

お盆にお墓参りにもどった次男曰く、『お父さんプレゼントするから何がイイ』のお言葉、即
カメラと即答、それじゃ~っと気が変わらない
内にと翌日市内の某カメラ店へ、お目当てのものが無く、『じゃ~俺が買ってくる』と今日の
プレゼントとなりました。

拓、ありがとうサンです。

 
  ◎  はたして評価は ?                   16/07/09
 
つい先日有機玉ねぎの収穫をアップしました当然に次は売り込みとなり、JAを通じて都内
にと試供品を提供させて頂きましたが ~~
はたして評価の程はいかにと

がぶりつけるオーガニックのたまねぎ、甘味のある玉ねぎと頭の中では色々言葉にして思うもそれこそどんな形でこれらを効果的に表現し販売に繋げて行けば良いものなのか
栽培も大事、それ以上に販売の重要性を改めて痛感している昨今です。
 
  ◎  シソの葉もぎ                      16/07/06
 
とし子さん多忙です。
作業場にシソの香りが立ちこもります。
この前もアップの様に我が家の梅生り年で
又、シソも例年にない出来培、本年産の梅干し作りの塩梅良さそうです。
 
  ◎  羽化ホヤホヤです。                   16/07/05
 
朝の挨拶に田んぼに出かけると本年も又当園のコシヒカリの田んぼでとんぼの羽化です

久々にこれほどの数の羽化したとんぼを見ましたが、やはりうれしいのは羽化できる環境が我が家の田んぼにはまだあると言うことでしょうか
 
  ◎  有機玉ねぎの収穫です。                16/06/24
 
本当は昨日に掘りあげる段取りのはずが雨が降りやむなく今日の掘りあげとなりました。

今後の貯蔵性を考え今日、一日での全部の
掘りあげをあきらめ、半分を掘りあげ十分に
畑で天日にあてる時間を持ち夕方コンテナでハウスへ搬入です。
しかし、この玉ねぎ雑草の根も絡んでなんと掘りあげにくいこと、いや玉ねぎが太って根がしっかり張っていて掘りあげにくいんだと言うこともありますナ~
この玉ねぎご入り用の方はご連絡を願えればと思います。
 
  ◎  ふるさと納税                    16/06/18
 
聖籠町も本年遅ればせながらふるさと納税で返礼品制度の実施です。
そのお返しの中に当園の有機米、減農薬米も参加をさせて頂きました、早速に町から発送業務委託の直売所よりお昼に注文を頂き
袋詰めをし持ち込む前にアジサイもきれいで天気も良いので縁側の先でパチリです。

町民として少しでも多くの方々にこのふるさと納税を機会に聖籠町を知ってもらえればと思います。
 
  ◎  草との格闘です。                  16/06/09
 
いや~この草には参ったデス
ポット上げ促成栽培型で9月一日よりの出荷を毎年実施をしているのですが、今のこの時期こんな草は初めてととし子さん ~
正直、今少し早めに実施すればと反省ですが、そんなこんなで昔のおねいさんにも応援を頂きそれでも一日と少しで終了です。

いや~有り難いことです。
 
  ◎  収穫も近い                   16/06/08
 
そろそろ有機の玉ねぎの収穫もこのように葉が倒れまじかになりました。
本年はどこの農家の玉ねぎも太りが良い模様で、当園のこの有機の玉ねぎも例年になく大玉になりました。

何とか貯蔵をうまく行い多くのお客様に食べて頂きたいと思ってます。
 
  ◎  今年も放鳥です。                     16/06/06
 
今日は一日に二回のアップです。
子供園の園児と恒例のあいがも放鳥です。
中組さん約60名、おっかなびっくりの子、進んで触る子ほんと色々な子供たちです。

園主も恥ずかしながらしゃべってます
 
  ◎  里山の田んぼ                      16/06/06
 
今日も朝から快晴です。
毎日通うさといも畑の道中、赤松の生える里山の中にある田んぼを通りますが、朝日が差し込んでなんともきれいなのですが ~

どうもその情景をうまくカメラにおさめることができず悔しいです。
佐渡島が見える日本海がすぐそこの田んぼ
です。
 
 
  ◎  さといも苗                      16/06/03
 
正直、この時期に暇な人は農家じゃないと言いたい程仕事が詰まってます。
(人の事はまずよしとしても)


全ては園主の欲のかたまりの為でしょうか?
はたまた段取りの悪さでしょうか ?

晴れの予想の早朝、マルチの中から出るさといもの芽を確認中こんなきれいな朝露の光景に唯々感動です。
 
  ◎  ちょすな                        16/05/31
 
聖籠弁、ちょすの三段活用

ちょす=ちょす(し)ます=ちょさせて頂きます

JAの集荷場の下屋に町の生ごみで発酵させて作った肥料にどちらさんかこんな張り紙を
しておりました。

おもっしぇですネ
 
  ◎  ありがとうサンです。                   16/05/30
 
農家は朝飯前が大変貴重な時間、仕事がどうも詰まりぎみのこの頃ですが ~~
と言うことで早朝より仕事をしていると愛車のドアの音がバタン~っと 『これ食べて~』の
お言葉 ~~
向かいの畑でブロッコリー収穫の海津さんからのもの
本当にありがとうさんです、ごちそうになります。
 
  ◎  納入です。                      16/05/27
 
昨日の画像ですが、春先から頼んで置いたホイールローダがようやく納車です。

コマツさんお清めの神酒を持参で、バケット
そして4輪に機械の安全を願い園主神妙に
清め祈願です。
まず働くことは農に限らず腰にくる、それが歳とともに大いに実感、里芋も重量野菜の一つ、そしてお米も重い、なんとかして重量感からす少しでも開放、作付面積の増加でなく効率的な作業体系をと言うと格好が良いが正直楽をお金で少し買ったと言うことですかネ~
 
  ◎  これも聖籠町                      16/05/26
 
この朝どうしても田んぼの水加減で少し早めの目覚め、すると鉄塔と朝日のコントラストと
いや塩梅がいいと思いパチリです。
昭和30年代後半聖籠町が大きく変革を選択火力発電により鉄塔(送電線)が乱立、工場誘致の東港開発、善し悪しは別としてこれも又、聖籠町ですか
 
  ◎  かん水                          16/05/25
 
いよいよ里芋のかん水の始まりです。
昔の人曰く、里芋は水で太ると言われる程水が重要、この画像少し暗く夕日っぽい感じで
すが実は太陽照り付ける朝方のかん水で夕方よりは朝方のかん水がより効果的なかん水とされています。
今年の夏は猛暑の予想、ポイントはかん水
里芋は水です。
 
  ◎  失礼ですがお名前は~                      16/05/21
 
畦道の草花がやはりこの時期気になります
田植え後の田んぼの挨拶に毎朝出かけると
アレ~こんな草花ってあったっけとその可憐さに驚くのですが、最近どうも昔からの種なのかはたまた園芸種なのかきれいななのは
うれしいことですがその辺が理解できないのですが ~
せめてお名前を~知りたいものです

この草花も
 
  ◎  もずぐさを煮る                        16/05/19
 
もずぐさの名の由来はと言えば多分餅に使用する草なのでは、合わせて当地の訛りが
大分入り込んでのもずぐさとなったのではと
勝手に解釈です。
とし子さん午前中仕事の合間にこのヨモギを
採ってきてきれいに洗い煮込んでいる様子ですが家中ヨモギ独特の匂いでいっぱいです。

あとは干して乾燥させ笹だんご作りにと言う
段取りですがもう何回かは採りに行かなければとのこと、ご苦労様です園主の役目はできた笹だんごの味見です。
 
  ◎  本年は生る年か ?                        16/05/15
 
梅にも生る年とそうでない年、俗に言う表裏があるものか ?
本年我が家の梅の実が大幅に生ってとし子さん大喜び、専門でないもので実をすぐったりはせず小振りの梅干しもまた良いかと
来月にはこの梅を使っての梅干し作り、あ~
そうそう笹団子もと、とし子さん大忙し園主も
同時に大忙しですか ~~
 
  ◎  又、里芋です。                        16/05/14
 
お蔭さまでやっと田植えが終了、次の仕事も
又里芋の定植、田植えの間に丁度良く定植
の芽の大きさ、伸び具合と段取り良好です。

この種を又、定植機へ投入し定植となります若干遅ればせながら今のところ順調です。
 
  ◎  いよいよ田植えの始まりです。                 16/05/08 
 
いよいよ本年の田植えの始まりです。
つい数日前の黄砂も混じる強風が去り穏やかな日曜日、子供の助っ人もあり2ヘクタール程を今日植えることができ、子供と天候に感謝です。
今回は町道のポールの聖籠町の文字にピントを合わせ撮ってみました。
 
  ◎  代かき                        16/05/05
 
我が家祭りが終わり次は田植えとは行かず
その前の大切な作業である代かきを実施です。
耕起をしてしばらく間を置き水を張り、田植えがスムーズにできるよう、田面に凹凸がないように又畔から漏水はないか等々丁寧にゆっくり行うのが代かきです。
したがってトラクター運転しながらうとうとと眠たくも~
 
  ◎  春祭りでガブリ                      16/05/03
 
今日5月3日まちに待った我らの蓮潟春祭りですめでたいですネ~~

春祭りと言えば当然蓮潟神楽、メンバー集落
内を太鼓の音とともに一周し、数か所で舞い
その都度この画像の様にガブリと集落の皆さんの頭を嚙んでくれます、すくなくともこの
行為の意義は説明はできませんが多分目出度いことであり、その証拠に皆さん喜んでガブリと噛んでもらいたく頭を差し出しております。
ハイ、とし子さんもガブリ
 
  ◎  あ~あ~アスパラ                      16/05/01
 
毎年、稲の第三ハウスの片隅に有り難いことに住み着いているこのアスパラ株、そして毎
年素晴らしい、美味しい芽がにょっきによっ
きと出てきてくれます。
もう、本年3回目になるでしょうか早速天ぷら
にして塩を降りかけアツアツの内に頂くビー
ルを片手に正に至福の一時です。

  従妹の絵手紙でも
 
  ◎  育苗                          16/04/30
 
農家に限らず仕事が重なると言うか重複すると言うかそんなとき思考能力も体力もどうも低下気味になるのでは~
そんな今日この頃ですが、しかし早朝この苗を、きれいな緑を見ると何故か落ち着き一日の活力をいただけます。

そろそろ田植えをやる農家も出てきていますが我が家はまだまだ先でゆくっり構えたいと
思ってます。
 
  ◎  そして定植です。                    16/04/26
 
そして、今日は下段の長~~畦に朝から里芋定植機による定植です。

人間の調子はイマイチなもののなんと機械の調子はバッチリではかどることはかどること
これから収穫の秋迄どんな試練が待ち受けているのか一つ一つクリアしてゆかなければ
 
  ◎  長~~畦です                       16/04/22
これはさといもの畦で、今日一日かけマルチ
掛けをしたもので、夕方やっと終了をしやはり、隅々の機械の旋回部分を手動でマルチをかけております。
どの位の長さがあるものか測ってはいないものの、今の時代機械に合わせた栽培体系が
ポイントのだと思いつつ、しかし機械に捕まる
ことができなくなったら終わりか~


 
  ◎  集落の皆さん集合                      16/04/17
 
今日は日曜日、集落全員で集落の脇に流れ農業用水にも使用され集落の雨水等の排水にも使用される大切な水路の年一回の全員での清掃行事です。
若干の行政からの参加者に支給されるシステムになっており、その証拠画像と言うことですが、写真担当の私と致しましては集落の
大切な将来にむけての一枚だと思っています。
 
  ◎  加治川の桜                       16/04/12
 
本当に悔しいのですが若干花びら舞い散る
加治川の桜でした。
そろそろ朝方の陽気も穏やかになり農家の方でも朝飯前の作業(仕事)が多くなりつつ
どっこい朝からの快晴、これは母なる加治川の桜を撮りに行かなければとgouです。
大河の加治川から分水してもらって我々の集落に向かう水路が画像の左側です。
本年全国的にも早めの開花の様子、加治川
の桜まつりのイベントも悲しいかな葉桜?
 
  ◎  種まきです。                     16/04/10
 
今年も何とか稲の種まきとあいなりました。
里芋関連の仕事と競合しての段取りで~
思う通りの日程が組まれない中での今日の
種まきです。
有り難いことに頼もしい助っ人を得ての種まき多忙の中でも基本に忠実に丁寧に仕事を
こなしてゆかなければ、そして豊作を願って
 
  ◎  ポット上げ                       16/04/02
 
今日から伊藤農園恒例の九月一日かろ出荷さといものポット上げ作業の開始です。

毎年の画像で少し恐縮なのですが、やはり
伊藤農園の有機米とこのさといも是非宣伝を
しなければと考えているのですが~~
どうも宣伝不足の感が否めないところですが
そんなことは言っていられず、九月までは先の長い話(作業)にはと思いつつ少しづつ情報の発信をしなければと考えておりますのでよろしくお願い致します。

とし子さんと従妹のミナさん(絵手紙のミナさんです)熱いハウスの中でのポット上げ本当にご苦労様です。
 
  ◎  ま~きれいですネ~                   16/03/27
 
今日は朝から快晴です。

霜が降りました、早速にシャッターチャンスと
思い田んぼの畔に直行で朝日が降り注ぐその瞬間をと頭で想像しての接写レンズでの一枚、反省ですもっと寄ればでしょうか~

でもきれいでした。
 
  ◎  さといもの壁です。                   16/03/26
 
実に一年は早いもので、つい数日まではさといもの出荷に大忙しで、どっこい今度は本年28年のさといもの種作りに連日追われる日々です。
外は時折日が射すもやはり室内の作業場は
まだ冷え冷えストーブが離せない環境です。

とし子さん、休みの妹さんに手伝いを頼み二人並んでさといもの壁の種作りに挑戦です。
有り難いさといも種の株ですが、頭上よりの崩れ落ちる株にご注意ください。
 
  ◎  サワラ                     16/03/20
 
聖籠町、有り難いことに日本海に面した町で魚の宝庫でもあります。
佐渡の見える町聖籠と勝手に宣伝していますがつい数日前もこの魚『さわら』の一本物
を頂き、とし子さんどうさばこうかと悩む暇もなく今度は、サバ、イカ、アジと頂くとき時は続くもので、新鮮さを生かしてしめサバ、イカ
の刺身ともう贅沢三昧です。

あ~有り難や~有り難や~
 
  ◎  お米種の浸種                    16/03/18
 
これは昨日の画像ですが、種もみの浸種の
様子で昨年よりも二日程早い実施です。
本年産のコシヒカリ、こしいぶきの種もみの
休眠はそんなに浅くはないといえども、十分に水分を与え発芽を促す段取りをと早めの実施です。
毎回梅の木の下のそして用水の脇での実施
で何時でも素早くきれいな水の交換ができる
のが利点です。
ゆっくりな時間とタップリな水で十分水を吸い込んで揃った芽をお願いしますよ
 
  ◎  ドジョウさんこんにちは                 16/03/17
 
正に春の陽気日中15℃以上の好天です。
だいぶ晴れが続きこの時とばかりと用排水路の泥上げの実施です、頼みの綱の三男にも応援をもらい、はかどること、はかどること

そして、これも恒例の泥を上げるとドジョウさんも一緒に上がってきますが、ず~っと冬季間泥の中にいたのに急に騒がしくして申し訳ありませんが、もう春ですよ~ってネ
 
  ◎  白鳥は                      16/03/16
 
ここの所太陽様もご機嫌よろしく好天が続き
ます。
昨年、やはり野菜関係でコンバインでカットしない稲わらも多少必要だろうと思い、が、忙しさを理由にそのままにしておいたら冬季間
ここに多くの白鳥さんが来てくれ、今はと言えばどこの田んぼにも白鳥の姿はなく遠くシべリア方面に帰った様子
その名残の羽が無数に残り又、今冬も来てくれることを願いさ~って春作業頑張りますか
 
  ◎  切干大根                      16/03/12
 
これはこの時期恒例の切干大根です。

昨日、今日とこの時期としては珍しく太陽様
が連続で顔を見せてくれ、明日もまた晴れると予想をしてか早速にとし子さん有機畑に出かけ秋に取り残した大根をせっせと切干大根にと頑張ってます

網戸に広げハウス内に入れ両すそを開放し乾燥をと工夫をしておりまして、やはり心配なのがかぶれることとか
どうか美味しい煮物等の食材に変身して食卓をにぎやかにと願ってます。
 
  ◎  工事中です。                     16/03/11
 
作業場のシャッター交換の工事です。

冬季間の作業中海岸線方面からの強い北風にガタガタと、吹き付ける雪が隙間をかいくぐり入り込み、もう限界かと新しいのに交換です、強風にあおられる前に工事にかかる
事できまずは一安心です。
又、農機具の大型化での対応で梁を高くしました。
 
  ◎  砂里芋(さりいも)                     16/03/10
 
少し穏やかな天候が続き農家の方も一安心
と言いたいところですが、伴って怒涛の如く春作業が押し寄せて来る今日この頃です

さてこの画像は何かと言えば本年より砂里芋
部会に入部を希望する方の圃場を調査している様子です。
我々、砂里芋部会まずは第一条件として砂丘地での栽培なければならないこと、それは種芋も砂丘地から、肥料も有機質肥料中心の決められた物のみの使用をと部会員一同
意を同じくし、共有し砂里芋の美味しさの発信にと頑張っているところです。
 
  ◎  今年も                      16/03/07
 
今年も又、恒例の種もみのお湯による温湯消毒の実施です。
今日で三日目、本年は雪もなく暖かい中での作業だったので大助かり生意気にもほんの少しでも環境に優しくとメンバー思ってますね~ ?
 
  ◎  いいですね~                     16/03/05
 
正に春ですね~
従妹が我が家の小さな小さなとまぐちに絵手紙のギャラリー展を年間を通じて開催してくれております。
いや~正に春、ほんの少し心がホットします

ありがとう

 
  ◎  ご苦労様です。                   16/03/02
 
とうとうその時期がきました。
バケットの使い勝手が良いと言うことで中古のこのトラクター継続してバケットを装着できることで確か50万で買ってから十数年、別れの時期となりました、遠く東南アジヤ方面に今後の生き方を見つけるのかどうか ~~

別れがあれば出会いのこの時期、下段のボカシ作りですでに頑張っているローダーとの出会いとあいなりました、これは注文前の代車ですが、ともあれ本当にお世話になりそしてご苦労様でした。

 
  ◎  ボカシ作り                     16/02/29
 
数日前より作り始めた本年のボカシです。
手前の白っぽいのが今日酒造会社から買ってきた米糠、奥の茶色が昨年のボカシの種菌と数日前に豆腐屋さんから分けてもらった
オカラを混ぜたもの、少し本年は遅れたものの徐々に米糠、オカラを継ぎ足し切り返し発酵させ伊藤農園専用土着菌のボカシを作ります。

有機の田んぼ、畑に、又慣行の田んぼ、畑等に施肥をし「美味しい」と言われることを願って作ります。

 
  ◎  春一番の施肥                    16/02/28
 
有機玉ねぎに春雪解け後の初の施肥です。
6月の収穫に向け例年いま少し太りが欲しい
事を考え早めに、又施肥量も多めにともくろんでおります。
それこそ丸かじりのできる玉ねぎを目指して頑張ります。
 
  ◎  入って猫ちぐらに                    16/02/17
 
県内で猫ちぐらで有名な関川村、いとこがそこでこの猫ちぐらを制作していると聞いて、早速に注文で今日届けてくれたものの、我が家
のココ(猫の名前)ストーブの上から見ている
ばかり、早く入ってゆったりした姿を見せてと
願ってます。
 
  ◎  春の雪 ?                      16/02/16
 
節分、立春も過ぎ気分的にも少し春かなと勝手に思っていたのか静かに降るこの雪、若干水分の多めの重たい雪、実のところまだまだ当地の春は先でございました、しかしこんな雪景色の風情も良いもんでございますネ~
 
  ◎  やっと終了です。                    16/02/15
 
なんとカラフルなコンテナ類でしょうか
ありとあらゆるコンテナをかき集め第一ハウスに貯蔵の27年産さといも今日やっとこさ株分けの終了です。
3月まで株分けが延びるのではと予想をしていたものの手早いとし子さんの頑張りで目出度く今日終了、そしてこれを調整して4~5回
程出荷をして27年産さといもの出荷の終了
やはり全て終わるのは3月の頭まではかかりそうです。
 
  ◎  足跡                         16/02/08
 
撮った時はいい画像と思っていたのですが
どうもうまく想いが伝わらない画像かなア~?

今日は珍しくく雲一つ無い快晴で日課のさといも調整後のゴミを捨てに少し積雪のあるいつもの田んぼへ、するとそのゴミを捨てている場所に向かって何か餌を求めてか動物の足跡がズ~ット続いているではありませんか遠くの飯豊連峰の山々の美しさをバックにパチリでした。
 
   ◎  雪の中の人参                    16/02/05
 
オーガニックご注文のお客さん向けに雪の下
に貯蔵の人参を掘りあげています。
そのお客さんはジュースにしてこの人参を頂くとのこと、我が家では今夜その人参薄く切りオリーブオイルで食していますが甘味と人参
臭さのバランスが園主は好きです。
 
   ◎  以外に積もりました。                  16/02/03
 
今日は節分そして明日は立春とか、それも名ばかりの当地聖籠町ですが、今日はうれしいことに太陽様が時折顔を見せてくれ、なんの変哲もない我が家のハウスの積雪の様子を撮ってみました。

有難いことに正月少し休みその後も連日さといも(砂里いも)の出荷にいそしんでおりまして、それはそれは有難いことではありますが正直ボ~っとする時間がそろそろ欲しいナ~ってネ

 
   ◎  あら~ブレちゃった                    16/01/28
 
昨日から村上,瀬波温泉での30数年前の新潟県農業者友好訪中団の久しぶりの集い
カメラの自動シャッターで「ハイ~撮りますヨ」
って自分も背後に行くも、はしゃぎ過ぎてこんなにブレてしまいました。
まあ~他人でなく自分ってことで

確か前回の集まりは4~5年前かこの位いの間隔での集まりが丁度良いのかとも感じた
楽しいひと時でした。
 
   ◎  寒波襲来                       16/01/26
 
暖冬、暖冬と言われながらもやっとの寒波と
雪、毎回の如く勝手なものでほどほどの積雪
をと思いつつ、いざ降ると色々な心配が~

大豆メンバーとのかねてからの約束の大相撲、千秋楽の観戦(24日、日曜日)琴奨菊の優勝で場内大盛り上がりも正直府に落ちない物もありながら翌25日東京見物雲一つ
無い快晴、ところが新潟前日から寒波で大荒れ日本表、裏では無くこの気象の格差に改めて参りました。

 
   ◎  焼いてみました。                     16/01/16
 
 
今日も明日のさといも出荷に向け頑張ってますが、一服にと例年のようにさつまいもを例のようにストーブのうえに並べておりますが
隣におにぎり大の物がはてこれは何かと言えばさといもでありまして ~

我々の栽培する砂里芋(さりいも)は糖度が高く焼いて食すると又、別なうま味が触感が楽しめることを紹介をとやっております。

こんな風に, 少々の塩を振りかけると又良し
です。

 
   ◎  冬の椿                         16/01/13
 
確か年末前から咲き続けているお隣さんの
椿、品種的にはやぶ椿系なのか ?
今度雪が降ったらぜひ撮らなければと思って
いて、ここに来てやっと寒気が入り込んでの
昨日からの積雪で、それでも天気が思わしく
無く撮るには今日はダメかと思っていたら時折の太陽様の顔、この時とばかりパチリ

雪国にあって雪中での花々は頼もしく、嬉しく、まだ遠い待ちわびる春を感じさせてくれ
ます。
 
   ◎  降り続きました。                      16/01/12
 
有り難いことにとまずは言おうと思います。
少し寒気が入り込み、昨日のちらほらから
30センチ程の積雪もうしばらくはこの寒気は続きそうとか ~
湿り気の多い雪です。
 
   ◎  ちらほらと                      16/01/11
 
今冬はどうしたんでしょうか ?
やっとちらほらと雪が可愛らしく舞って来ましたが~
正直3台ある車の内まだ1台しかスノータイヤに交換しておりません、小雪が今後とも
続くとなると特に農業にも色々な面に影響が出るのは必定かと、それも想定外のことが
影響してくるのではと心配です。
 
   ◎  秋田ハタハタ                      16/01/09
 
一夜干しならぬニ夜干しをやってます。

3日前頂いたハタハタを美味しく頂くため
塩にさらしての一夜干しに挑戦のとし子さん
縁側の先に吊るして、どうした訳かおかずの都合でニ夜干しになり今日晩酌のつまみに
食したものの、ショッパイショッパイさすがの
塩分大好き園主も参りました。

残りはご飯のおかずにと思ってます。
 
   ◎  暖かに                         16/01/07
 
そろそろ外気温も下がってきたのでさといも
本年の種の上部に保温のためもみ殻をかぶせていきます。
大切な大切な何十年も引き継いできた貴重
なこの聖籠の地に馴染んできた我が家の種
です、3月~4月には株分けをして大地に定植され喜び、感動を与えてくれます、なア~
んって格好つけちゃって要は大切な生活の
糧の種です。
もみ殻をかぶせた全体の画像です
 
   ◎  初出荷                           16/01/06
 
明日7日の本年さといも初出荷に向け頑張っております。
ごらんの通り外は積雪も無く、午前中は太陽
様も顔を見せ女性軍厚着ながらも通常考えられない状態のシャッターを開放しての出荷調整作業です。
昨年はと言えば、年末年始の寒さにこの出荷貯蔵芋がやられ市場、お客様からのクレーム続出状態、反省を踏まえ本年は確実
な出荷をと考えています。
 
   ◎  美味しい漬菜汁                           16/01/03
 
美味しいさといもを使った漬菜汁を紹介します。
正月どうしても暴飲暴食で腹がスッキリといかない、そんな時この漬菜汁を温めて頂く最高です
毎日と言って良いほど、味噌汁の具材にさといもを使用するのですがこの漬菜との相性も良くさといもを美味しく頂くレシピの一つです。

尚、漬菜は大根です。
 
  ◎  明けましておめでとうございます。 <(_ _)>                16/01/01
 
新しい年の幕開きです。
当地、聖籠町大字蓮潟の元旦のお天気は
雨とみぞれ交じりの天候積雪は無く穏やか
な正月と言えます。
今冬は暖冬の予報、スキー場では小雪で困っているとのこと我々農家としては里の方
若干の降りで山手方面では夏場の用水を
思いえそれなりの降りをと勝手に考えており
ますが~

最近農業をやっていて思うことは有難いこと
に丈夫で働けることへの感謝は感謝として
将来のことを考え農をどう今後楽しむべき
なのか、そのために今の忙しい忙しいだけで
無く今やらなければならないこと、やること?
自分はどんな農の楽しみを求めてるのか?
等々その辺ゆっくりと見つめる時期かとも
それはさておき伊藤農園に関わってくださる
皆さま方にとりまして本年が良い年でありますように
 
  ◎  届きました~ 。                     15/12/27
 
毎年、お世話になっている方々に里芋を
お送りすると色々なものがお返しにと届き
ますが、今回は久し振りに正月まじかと言う
ことではありませんがレンコンが有難いことに届きました。

文字通り新年に向け縁起の良いレンコンを
入沢さんありがとうございました。
年明け里芋がなくなった頃に又お送りしま~す。
 
   ◎  やっと終了です。                    15/12/26
 
今日26日、本年の里芋の出荷やっと終了です。
8月31日からの出荷で、9、10、11、12月
と長かったですが砂里芋の味の良さが評価されつつあり相場も有難いことに上向きで感謝の一言です。
とは言いつつまだまだハウス内には4~5反
程の里芋があります、年明け7日からの又
出荷となります、どうか来年もこの砂里芋を
ご愛顧いただきますことをお願い致します。
 
   ◎  伊藤農園有機野菜です。                  15/12/18
 
やっとこさ霜も降りみぞれが降り、寒さが身に染みるこの時期となりました、伴って人参
大根等その寒さによって本来の味、甘味の深まりを増します。

本年春先に、有機米のお客様からの人参をのご要望に答え作ってみたものの小振りながらそれなりに収穫ができ同じく有機の大根と一緒に今日発送をさせて頂きましたが、
どう言う味の評価を頂けるのか ~~

楽しみです。

 
   ◎  加治川のしゃけ                      15/12/14
 
我々の大切な母なる大河の加治川にまた鮭
の時節がきました。
今日、何とか午前中は太陽様も顔を見せて
くれさといもの出荷調整の合間を抜け出し
この機とばかりパチリと撮るもイマイチのも
のばかり、しょぼんとするも我が町に鮭の帰
る海があり川があることを誰かに自慢したい
気持が一杯です。
 
   ◎  新潟県有機農業交流会                     15/12/13
 
昨年に続いての参加をさせて頂きました。

県内の有機、自然農法等々、その地域での
やり方、新しい技術での色々な挑戦、実践
そして発表、それらに対する情報交換、意見
交換 ~~
自分が今実践しているお米と野菜の有機栽
培今一度なんのための有機なのか考えて見
る必要があるのではと考えさせられた交流会
でした。
 
   ◎  小春日和です。                     15/12/02
 
やっと晴れてくれました。
貯蔵用の白菜の収穫です、本年小粒ながら
順調な生育で感謝です。

大分多めの収穫量で家に帰るまでに2~3軒に配達をしあとは新聞紙に包み軒下に
貯蔵します。

毎日さといも出荷に追われて気になっていた
この白菜収穫まずは終了して一安心一安心
 
   ◎  蓮潟第一農家組合旅行                    15/11/30
 
イイ~ネ~格好いい昔の男衆 ~~

今年一年集落の農家の田んぼ、畑等耕作の
維持管理に尽力された方々、蓮潟第一農家
組合の役員の面々ご苦労さま旅行です。

赤いちゃんちゃんこを数年前に過ぎた園主この中で一番鼻たれ小僧、80歳過ぎて
もいまだ現役の先輩、これでもって集落の
農業がまとまり維持される。
大規模農業、攻めの農産物輸出だのと言う
のとは異なる地域、家族農業もまたここありです。
 
   ◎  エンペラーダリア                   15/11/23
 
最近この花が集落内で人気上昇中です。

何とすこぶる背が高(5~6mはありますか)く、この画像は下からのもので、何でこんなに背が高くならなければとも思いますが~~

花弁を見るとたしかにダリアですが古い園主
ダリアは小さく可憐な一重のそれも一輪の花でいてほしいのですがネ~
 
   ◎  加治川と白鳥                    15/11/19
 
水面に白鳥がとはあまりにも遠くの画像で言い難いのが正直話ですが~~
さといも畑への道中必ず通る母なる川の加治川、ここに恒例の白鳥さん今年も来てくれ
ました。
今日はどんよりとした曇り空の朝8時前、夜中この加治川でゆっくり睡眠をとり、これから
餌を求め刈り入れ後の田んぼにそろそろお出かけの時刻です。
 
   ◎  目合わせ会                     15/11/12
 
     我がさといも部会、今季2回目の目合わせ会です。
初回同様女性軍の多くの参加を得ての開催
説明役の藤井農園さんも実際のさといもを手に取っての、変形、セミ、長、芽つぶれ等での「これはダメ」とズバリ指摘で選別の大切
さをおおいにアピールです。

我々のさといも砂の里の芋と言うことで
「砂里芋」さりいもと命名し全国各地へ販売をさせて頂いておりますが是非一度ご賞味を
と思います。
 
   ◎  ブロッコリー                     15/11/10
 
    ほんの食べようにとさといも畑の隅に植えてたブロッコリーが収穫最盛期をむかえていて
我が家だけでは食べきれず、皆さんに食べてもらっています。
今日この様に収穫をしてもう半月もすると
また脇芽が出てきて寒い中、時には雪中で
も美味しさを満喫できます。

ブロッコリー素晴らしい野菜です。
 
   ◎  さといも株をハウスへ                    15/11/05
 
昨日のアップの通り天気の良い日を見計らってハウスにまずは積み上げます。

11月、12月ともなるとどうも時雨模様が
続く県内、そして本年は欲張ってさといもの
面積を増やしたもので、寒さの来る前、いや
雪の降る前に何とかハウスに入れるなり
作業場に入れるなりの処理を頑張ってます。
 
   ◎  朽ちるさといも茎                      15/11/04
 
さといも株は11月ともなるとこの様に株
全体が朽ちると言うか以前の様な威勢が
なくなってきます、しかし大丈夫まだまだ
土の中の根は白く元気で子孫繁栄のため
いもの肥大(太り)を続行中です。

我々農家としてはこれからの寒さを考慮し
これらの株、茎、太り具合を見ながら収穫
したり保存株用に掘りあげたりと12月に
向け作業が続きます。
 
  ◎  御化粧をします。                      15/11/03
 
きのこ好きな園主とし子さんに「この忙しい
中」とくどかれながらも山に行き採って参り
ました。
早速に今日の町の農業振興祭の即売に
向けお化粧をしています、毎年このきのこ
を待っていてくれる人がいると思うと嬉しい
限りですが ~~
そう思うのも自分だけでしょう~か ネ
 
  ◎  ありがとうございました。                     15/10/21
一週間程東京よりさといもの堀上を手伝いに
来てくれた、とし子さんの姉夫婦午後に帰る
にあたり、集落でいつも手伝いに来てくれる
お二人さんらと全員で記念写真です。
帰りの車内には野菜やらお米やら一杯にし
ての帰京です。

本当にありがとうございました、助かりました
甘えちゃって又、来年もお願いしま~す
  ◎  表示ラベルの一新です。                      15/10/15
あいがも有機米和紙袋の表の表示ラベルを
一新しました。
画像のように新潟、こしひかりと全面に出し
今までの表に表示の有機農産物の品質表示
又、有機JASシールを裏側に添付しました。

やはり一人でも多くの方々に見て頂く機会を
食して頂きたいと言う思いで一新しました。
  ◎  一等賞頂きました。                      15/10/14
今日農協での検査であいがも有機米お陰様
で一等賞を頂きました。
やはり、一般のお米とは差別化しての高価
なあいがも有機米確実に取らなければなら
ない部分です、このお米を買って頂くお客様
には当然お知らせをしなければと思いアップ
をしました。
  ◎ 甘柿の色合いに秋を                        15/10/07
いつも通り気になる長谷川さんちのこの甘柿
今年はどのぐらい実がなり甘さはどんな具合
になるかナ~と ~~

稲刈りも残すところ4反ほど、さといもの堀上
もと思いつつまづは刈り入れを済ませなけれ
ばと少し心が焦る秋晴れの今日です。
  ◎  爆弾低気圧                         15/10/01
日本列島南から台風並みの爆弾低気圧が
北上とか、有機畑さといも隣りに播種したば
かりの人参、タマネギ、大根とまだまだ小さい
苗を何とかしなければと完全に被覆材でスッ
ポリ覆ってやっている様子です。
この辺の砂丘地畑は強風により砂が飛ばさ
れ苗が傷つきもっと酷い時は埋まってしまう
事も、どうか風のみでなく多少は雨も伴う風
であって欲しい ~~
しかし、あまり大雨だとこれまた稲刈も困った
ものになるし ~~
あ~あ~どうなりますかケセラセラですネ
  ◎  コシ本格的な刈りいれ                       15/09/27
今、正に喜び一杯収穫の秋です。
さといもも掘りたい、さつまいももそしてこれ
またコシヒカリの刈りいれもと ~~

ところが、本年だいぶ秋雨前線が停滞して
田んぼが柔らかく、コンバインが旨く動かなく
皆さん苦労の連続でしまいには手で刈って
コンバイン迄持って行き脱穀状態もありと 
どうか太陽様刈り入れの時は顔をお見せ
頂けませんでしょうか <(_ _)>
  ◎  かおるモクセイ。                       15/09/21                 
只今、稲刈りとさといもの出荷でニッチもサッ
チもない程の忙しさです。
収穫の秋農家にとっては有り難い程の嬉し
さとたいへんさがどうきょうしていると言って
も過言ではありません。(でも嬉しい)

そんな中さといもの選別時、きました、きまし
た、今日南よりの風にのって倉の前のモクセ
イの香りが、自然は時節を、時間を正確に
我々に伝えてくれます。
有り難いデス
  ◎ 刈り入れまじかです。                        15/09/18
今日は嬉しい秋晴れ、早生の刈り入れもや
っと終了し次はコシヒカリとカメラを持ち田ん
ぼへと出かけパチリです。

しかし、茨城県のあの水害に遭遇された農
家の方々、収穫まじかの稲が無残にも水の
中なんともはや同じ農家として、言葉もあり
ませんどうか、何とか来期に繋がることを信
じ諦めないで種を蒔いてもらいたいと思い
ます。
  ◎ 稲刈りの始まりです。                     15/09/12
本年の我が家の稲刈りの開始です。
早生品種で『こしいぶき』と言う稲で、少し
長雨で刈り入れ時期を逸した勘ありです。
秋雨前線が停滞をし田んぼが柔らかく
コンバイン何時ぬがってもしょうがない状態
でこれかから本格的に始まるコシヒカリの刈
り入れを考えるとどうか秋晴れをと願うばか
りです。
  ◎  加治川の白鳥は ?                      15/09/01
これは先月の画像です。
毎日さといも畑への行き帰り通る加治川
そこに一羽の白鳥が~ みんなと一緒にシベ
リアに帰ることができなかったのか一人で
川の中、そして岸部にと散策している
ところが最近、その姿が無いきつね、タヌキ
の四足の餌食になったのか ~~
加治川を通る度に気になりアシの中にと目を
やる園主です。
  ◎  初荷です。                           15/08/31
下段の堀上をやり、9月いっぴからの毎年
恒例の市場出荷をと今日我が家からの初荷
です。
毎年さといも部会の先陣を切っての出荷です
ので味、品質、選別、見た目も含めどう言う
評価が出るか緊張もはらんだ初荷となります

ここ数日ず~っと味噌汁にさといもを、今晩も
コンニャクとさといもの煮物と味は収穫毎に
美味しさを確認済みです。 ~ ヨロシク ~
  ◎  堀上の開始です                     15/08/28
いよいよ本年の早めの旬のお届けのさといも
の堀上の開始です。
丁度と言って良いのかここ数日夜には毛布
も恋しい程に秋を感じる気候ではと勝手に
はしゃいでいますが ~~
秋すじが立ってきていよいよさといも、それも
砂の里のいも=砂里芋(さりいも)のシーズン
となりました、これから正月明けの2月~3月
迄の長い出荷の始まりとなります。

皆様には是非一度は御賞味を頂ければと
思っております。
  ◎  人参本葉が                      15/08/24
お客様からの是非とのご要望で有機人参
の栽培です。
それも人参をジュースにして飲むとのこと
まずは当園も初めての栽培でどんな塩梅に
なるのかと若干正直不安ですが ~~
20日程前に播種をしてやっと今回の本葉の
誕生、11月の収穫に向けこれからが草等の
戦いの始まりでもあります。
  ◎  お盆                        15/08/13
今年のお盆の集まりは少な目です。
それでもお墓参りを済ませ恒例の宴会では
例年の如くうるさ過ぎてさぞかしご先祖様も
大喜びかと思います。
まずは来てくれた方々に感謝です。
  ◎  暑っちえ                          15/07/28
暑っちえ日が連日のように続きます。

農家の宿命でとにかく畑、田んぼに出てが
生業ですと格好をつけている場合ではあり
ません、朝夕の涼しい時間帯でどれだけ
仕事量をこなせるか、日中はとにかく体を
休める休める算段です。
お互いに御身を大切にこの猛暑を乗り越え
ましょうデス
  ◎  こ~の格好                         15/07/22
あまりの猛暑でココ縁側であらわなこの格好
台風のフエ~ン現象で昼さがりの午後表の
縁側での様子である。
家の中であっちこっちの一番涼しい場所を
風の通る場所を察知して午前中はここの所
ず~っとこんな塩梅で羨ましい限りです。
  ◎  ネムノキ                           15/07/15
一昨年作付のさといも畑に又、本年さといも
の作付で帰って来ました。
この作付畑の隣リが荒れていて大きなこの
ネムノキがあり、今回もきれいに咲いてくれ
このネムノキによじ登りさといもをバックに
パチリです。
よくよく見るとフワ~っとして案外きれいな花
です。
(案外とは失礼でしたかネ)
  ◎  お通夜                           15/07/13
ここ数日悲しいと言うより悔しい思いで過ごし
ました、農家の先輩がトラクターの下敷きで
逝ってしまいました。
亡くなってから大分ひまえを置いての今日の
お通夜、それこそ機械には精通していた先輩
でしたが~~、ついこの前も農機具の展示
会で一緒で突然のことで
ただただお悔みを~残された奥さん始め家
族の皆様にはご自愛をと願ってます。
  ◎  有機じゃがの堀上です。                    15/07/10
本年、培土を一回しか実施せずで
太りがイマイチかと思っていたところ
今日の堀上でまずまずの太りに一
安心です。
但し虫に若干食害の部分ありでこれも
想定内と言うことで ~~

これでまずはじゃがいも、そして玉ねぎ
は揃い、後はさといも、さつまいもを
収穫をして秋に向けオーガニックいも類で
販売と思っていますが ~~
  ◎  困りました。                       15/07/07
いや~参った。

仲間で集落の減反を請け合い栽培の大豆に
誤った除草剤を使用してしまった様子、早急
普及員の方に見てもらっている画像ですが
浸透性のある除草剤でこれから尚更に大豆
に影響が出てくるとのこと
剤の選定で一番に関わったのが自分で責任
を感じています。 

      ~~あ~あ失敗です
  ◎  気にいった                       15/07/06
今もこのコップでビ~ルを片手に農園の日々
のアップと言いたいところですが、正直片手
では不可能ですネ
数日前食器棚の奥の方でアラ~面白い
そして、きれいなものがと手に持つと、なんと
いい塩梅で手になじんで、又、多分桔梗と
思われる紫の花とビ~ルの色合いがきれい
と言うよりは飲んべ~の色紙感覚に会い
ガッパ気にいった次第でありまして、皆様
にはどってことは無いのですが、私にとって
は ~~デス
  ◎  あざやかな色                       15/07/02
今年も梅干し作りの始まりです。
梅の木がハウスのそばにあり昨年に大幅な
強い剪定を実施し本年実を付けず、本家より
買い付けとし子さん作業に入りました。
このシソはさといも畑の隅に春先に定植で
程よい大きさになり葉をもいでいる画像で
減塩の梅干し楽しみです。

それにしてもこのシソの色合いきれいです。
  ◎  地鎮祭                         15/07/01
先月の最終日曜日の28日に三男の住宅
建設の地鎮祭に参加です。
どうしたことか、雨、風が吹き荒れ住宅屋さん
の用意してくれたテントが吹き飛ばされそうな
悪天候の中の地鎮祭、これ以上荒れる事は
無い、しっかり地を固め将来に向けての一歩
行くしかありません。

エイ、エイエイっと
  ◎  悔しい                         15/06/27
昨日から今日にかけあいがもの事で頭が
一杯です。
2区画のあいがもの一区画であいがもが
次々と動けなくなり、そして死んで行く当初
30数羽いたのが今日の夕方にはとうとう
最後の一羽に ~~
原因も解らずどうすることも出来ず家畜保健
衛生所にすがる、解剖の結果心配していた
鳥インフルエンザでは無くボツリヌス菌にや
られたのでは? とのこと正式結果は数日後
に判明するとのこと ~~
この田んぼ昨年が有機転換、本年からやっ
と有機田となったものの有機田解除も悔し
いけれども考えなければ
  ◎  おお~い雨さ~ん                    15/06/22
写真は嘘をつくんでしょうか
とし子さん曰く 「なんと綺麗な何処のお庭」
ときたもんだ  ~我が家で~す
今が盛りのあじさいは雨の無さに日中は少し
しおれ気味状態

ここのところ雨が無く困ったものです、先週に
新潟県内梅雨に入ったものの、降っても
おしめり程度で田んぼは良しとして連日さと
いもに灌水の毎日です。
南に停滞の梅雨前線にはどうか北上をお願
いします。
  ◎  被覆材除去                       15/06/17
今年もこの時期になりました。
早めにさといもの旬を楽しんでもらいたくての
一手間、二手間掛けてのさといも栽培型で
寒さ、霜、害虫から守るためポット定植後に
被覆したこの不織布の除去です。
この後来月10頃まで2回の培土を実施をし
て9月一日の収穫、出荷を目指しています。

商品名は砂の里のいもで『砂里いも』と命名
し販売をしておりますの時節になりましたら
是非ご購入をと思っております。

  ◎  外土間工事                        15/06/15
道路から我が家に入ってくる、俗に言う土間
(外土間)をコンクリートで固めました。
道路より低い我が家、砂丘地のためどうして
もホコリがたまり、砂が舞い、そうかと思えば
豪雨でアット言う間に砂が流れる、以前より
何とかしなければと~、今回思い切って部内
の左官屋さんにお願いです。

準備等の画像ですが、狭い土間がほんと広
くきれいになりいい塩梅ですが、後はお金の
算段 おお~イ奥様なんじょにしょうかネ~
  ◎  4枚目です。                       15/06/12
昨日、普及センターでさといも部会員の圃場
を回り生育調査の開始です。
さといもの総出葉数は15~16枚でこの段階
で4枚目と言うことで、今後追跡調査でその
都度このように生育、成長を観察しつつ葉に
書き入れて行きます。
秋風が吹きおでん、煮物が美味しくなる9月
10月にはどうか納得の行く味のさといもに
なってと願うばかりですが、そのためには
自分もやれることは丁寧にやって行きたい
と思っています。
  ◎  最高の気分です。                      15/06/10
どうも画像の表現がヘタと言うか ~~

毎朝の田んぼへの挨拶が日課の農家です
が、これはついこの前の早朝画像で、少し
大きくなった早苗に朝日が照り付けキラキラ
と眩しく輝いていて最高の気分と言うかきれ
いと言うか、癒されると言うか ~~
 園主がそう思ったと感じてください<(_ _)>
  ◎  いよいよです。                      15/06/09
あいがも君の放鳥も終わり、田んぼ仕事も
落ち着いてきて今日は久々の雨、さといもの
灌水も心配せずとし子さんやっとあっちこっち
から頼まれての笹だんご作りの本格的な始
まりです。
夕食前には園主が味、粘り、笹離れ、色合い
甘さ等々の大切な試食の係で、前回は少し
具が軟らかい感じが今日は良い塩梅です。

さっそく夕方には東京方面に向けての発送
です、次回の笹だんご作りは又、雨が降り
外仕事ができない時にとなりますか ~~
親類、縁者の県外の皆さんもう少しで届き
ますので楽しみに待っててくださ~い
  ◎  こども達との放鳥                        15/06/03
間を2年程置いたのか、やはり子供達との
田んぼへの一緒の放鳥は大切だな~っと
(楽しいな~っと)実施です。
いつもは蓮潟こども園の年長組がさんが参
加するのですが今回は中組さんの55名の
参加何とか午前中の天気が持ち良かった
です。
又、大きくなった様子を見に来て下さい。
  ◎  カッコウ ?                           15/05/15            
田んぼが隣の神田さんの減反田で毎年
咲いてくれるこの花、カッコウと勝手に呼ん
でいて、カッコウなのかあやめなのか、はた
また菖蒲なのか正式な名も知らず、多少は
知りたいと思いつつその綺麗さを一人占め
  ◎  強風                           15/05/13
我が聖籠町日本海に面した海岸線の町で
畑は正に砂丘地で毎年恒例とは言いたく
無いのですがこの春先の必ずと言ってよい
程に強風が吹き荒れ、砂が舞う事必定で
我が家の植えばかりの早苗が隣の畑からの
砂で埋まりそうです。

イヤ~参りますデス
  ◎  田植えの始まりです。                     15/05/10
明るい内に田植えの様子をと思ってはいた
ものの、じゃ~撮ろうと思った時には太陽様
がご機嫌斜めで夕方やっと太陽様もその顔
を見せてくれ遅ればせながら撮りました。

今までずっ~と晴れててこんな年も珍しいの
ではと言われいて、今日に限って冷たい風と
低温でこんな時は田植えは中止とも頭をよぎ
ったのですが、今日は日曜日、今日しか子供
に手伝ってもらう日がないと決行です。
  ◎  春祭り                       15/05/03
今日は春祭りです

集落内をくまなく回り神楽舞を実施、最後は
河内神社に昇りここで最後の奉納舞をが
恒例の春祭りの蓮潟神楽の日程です。
五穀豊穣を願い多忙のなかでのホット一息
の春祭りでした。
  ◎  葉玉ねぎ出荷                    15/04/15
昨年、10月植えつけの有機葉玉ねぎの出荷
時期がそろそろです。
本来は昨年玉ねぎとしての出荷と思っていた
ものの少し規格より小さく年を越しての葉た
ねぎ用にと栽培体系を替えたものです。

今日築地市場の関係者がアスパラ販売の件
で当JA北越後に来た折に当園の葉玉ねぎも
見てもらい出荷販売をと話がまとまりました
が規格、表示等等詰めて行かなければの
部分も多く、又作る側としても美味しいこっち
の料理、食べ方も発信できればとも思って
います。

尚、築地市場では当地の『砂里いも』も大い
に売り込んでもらっております。

  ◎  加治川の桜                       15/04/10
今日を逃すと今季のきれいな加治川の桜は
見れないと思いカメラを担ぎ出かけました。
明日は雨、明後日の日曜は晴れの予想も
どう出るか、昼食を食べ出かけるもあまり人
が居ず飯豊連峰をバックに満開の一歩手前
の桜を一人占めです。
  ◎  ポット上げ                       15/04/04
本年もさといもポット上げの時節となりまし
た。
毎年9月の頭の出荷を目指しての栽培型で
本来はさといもこの辺では10月に入ってか
らが旬と言われていますが当園ではいち早く
旬を美味しさを届けようとひと手間掛けての
恒例の作業です。
今日は太陽様が一杯でハウスの中の作業
日焼け完全防備の女性軍です。

  ◎  ぼかし風呂                        15/03/28
とうとう念願のぼかし風呂の入浴です。
ぼかし作りを教えてくれた人曰く『最近は除菌
無菌、殺菌と言うけれど良い菌のお蔭で人間
が自然が成り立つ』私もこの言葉に感化され
ぼかし作りを始めたのが正直なところですが
お米、野菜作りに使用のこの伊藤菌(土着
菌)のぼかし今回の入浴で体内にも取り込み
前回のような風邪に負けないよう腸内細菌を
増やして丈夫にと思っています。

湯加減はと言えば少し熱めの45度Cで
ゆっくりと あ~いい塩梅です。
  ◎  あ~参った                       15/03/26
いや~参りました。
頭は痛いし、節々もこれまた痛いし鼻は出る
しとこれは早めに医者に出かけた方がと思い
一日諦めてゆっくりと布団の中で過ごした
次第でありまして、そしてマ~悔しいことに
こういう時に限って太陽様さんさんの一日
でも今日はじ~っと我慢我慢の一日でした。
  ◎  つくしんぼ                        15/03/21
そう思えば今日は彼岸の中日地獄の窯まで
休みだそうですが、どっこい当園はこの祭日
好天を逃すまいと、三男に手伝ってもらい
自分の田の地先の用水、排水の江浚(エザラ
イ)の実施です。

昨日、今日と好天に恵まれ又、ここのところ
4月並みの気温が続いてか農道の脇には
つくしんぼがビッシリと成長そこにスコップで
上げた泥をバシャッと覆って行きます。
忙しい春の到来です。
しかし明後日には雪の予報も ~~


  ◎  種いも作り                        15/03/17
確定申告も有機申請も終了しさ~ってといよ
いよ伊藤農園の本格的な仕事の始まりです。
その先駆けが毎年このさといもの種いも作り
(株分け)から始まります、モミガラで冬の寒さ
をしのいで来て多少は寒さにやられたものの
まずは種いもの貯蔵はほぼ完ぺきです。

これからこの種から収穫の9月迄の長い道の
りの始まりです一つ一つ丁寧にその作業と
向かい合い想いながら考えながらやって行く
そんなことを思っています。

  ◎  春まだ遠し                        15/03/12
どうりで昨晩は久し振りにさ~ぶと思ったら
朝には銀世界です。
暑さ寒さも彼岸まで、その彼岸の入りまで
もう~一週間そう簡単には何事にも自然は
思いどうりには行かないものです。
やっと頭痛の種の申告も午後には終了し
ホットしたいところですが次に控えしは有機
申請書類のこれまた提出期限、あ~終了
したかな ?
ヨッシャ~頑張らなくては
  ◎  葉玉ねぎ除草                          15/03/08
昨日、今日と連続の好天、これを逃さずと
葉玉ねぎの除草です。
昨年収穫の有機の玉ねぎの小玉を何とか
利用と同じく昨年10月に植えたもので予定  としてはこの4月の収穫をと頑張っています
が、下部の玉ねぎ部分もそうですが上部の
葉の部分の清潔さ、美味しさが勝負と思って
いて、今後予想される春の強風の対策をしっ
かりしなければと考えています。
是非この葉玉ねぎの美味しさをお客さまに
届けようと思います。
  ◎  圃場巡回                         15/03/05
春とは名ばかりの今日みぞれが降る中での
加工玉ねぎ部会の圃場巡回です。
今回は玉ねぎ苗の越冬後の管理を主眼に
研修し、年末年始の積雪、低温による苗の
越冬率が低い(苗が解けてなくなる)圃場が
多いのが目立ち、改めて育苗の大切さを
痛感した指導会でした。
  ◎  種もみの温湯消毒                        15/03/02
時折雪が舞いそして又太陽様が顔を見せ
たりと落ち着かない今日の天気です。
三月のこの月になると恒例の有機栽培研究
会の種もみの温湯消毒が行われます、少し
でも農薬を使用しないお米作りと町内の農家
に呼びかけての実施です。

60度Cのお湯に10分そして即冷やす
  ◎  放射性物質検査                         15/02/27
昨日、町の地場物産(直売所)に有機米の
補充に行き渡されたこの通知、内容は
精米の放射性物質検査結果について(通知)
と言うもの新潟県での調査だと思われますが
検出されずまずは一安心です。
今も福島では自分の故郷でお米を作ること
ができないでいる農家の方々がたくさん居
ると思うとやり切れない想いがしますが~

当園では23、24、25年と専門機関で自主
検査をしてきましたが放射能物質の検出
いずれの年も無く、一応ここで自主検査は
終了と考えております。
尚、何かこの検査でのご要望等ありましたら
お聞かせ頂ければとも思っております。
  ◎  新しいU字コウです。                       15/02/22
こちらでの春を感じさせる一コマです。
冬の間土建業者が田んぼの今回は排水の
U字コウを伏せてくれました、それこそ春耕
に間に合うように工事を完了し今までの
土側溝からこのようにU字側溝となり、泥上
げ等管理がやりやすくなり農家大歓迎です。
今までの土側溝は
  ◎  味噌作りです。                       15/02/18
ペタペタと味噌玉の中の空気を抜くように
して桶の中に入れてゆくとし子さんです。
集落の仲間で作った大豆を使っての味噌
作りで今の時期の大切な作業となりますが
この味噌で食べるさといもの旬の味噌汁の
味を想像しつつじっくりと美味しく熟成をと
願ってます。
  ◎ 剥げました。                         15/02/16
イヤ~参りました、昨日、一昨日の強風で
有機玉ねぎのマルチが大幅に剥がされ ~

今一度マルチをと穏やかな今日張り直す前
に昨年の反省を踏まえ追肥の実施の画像
ですが、午後からの鍬をもっての取りかかり
の作業ですが夕方には冬場のなまった体の
あっちこっちに徐々に痛み等が現れ残りは
明日にしよう~ぜと二人で退散終了です。

そして翌日
  ◎  最後の調合です。                       15/02/13
昨日、豆腐屋さんからオカラをそして今日
菊水酒造さんから赤糠(アカヌカ)を調達し午後
最後の増量そして調合(切り返し)の実施
です。
もう4~5回程切り返し伊藤菌の増殖、増殖
を実施をして畑、田んぼへ優良菌のこれまた
増量をねらい美味しさの向上をと考えていま
す。 
この画像はほうきで最後掃いている様子で
調合(切り返し)はトラクターです
  ◎  ミニ飾り                         15/02/11
とし子さん気が早くもう3月の気分でしょうか
暦の上ではすでに春と言うことでこれはこれ
でOKなのか ~
領収書の整理でこれもまたくたびれるもので
部屋の中に半日も居ると頭がボ~っとして
くるんで晩酌のビールが無くなりそうだが買
いに行ってこようかネ
  ◎  寒い朝です。                        15/02/10
さ~ぶいです、今日も寒い
積雪は無いものの北風ピュウピュウと風
体の芯まで冷え込む今日の朝です。

さア~ってっと確定深刻の準備でもしようかネ
  ◎  これからも                          15/02/06
例によって従姉妹の絵手紙です。
毎回定期的に我が家のとまぐちの小さな
ギャラリーを発表の場としてもらってます。    

今回のガッパ気にいったこのフレ~ズ
『人生いつだってこれからだ』 ポジテイブに
  ◎  農家組合の組親に                          15/02/04
本年八年振りの農家組合の組親が回って
来ました。
蓮潟(はすがた)集落で6組の農家組会で
組織され、その内我々山下集落9戸の農家
での回り番が本年我が家です。
年々農家数の減少が続き、それでも我々
山下集落は多い方で一年おきに組親をする
集落もあり今までの農家組合そのものの
維持も困難な状況になりつつあります。

早々に昨年の会計報告、本年度の組親名簿
の初の回覧板を回しましたが ~
考えて見れば今、正に農協改革、TPPでの
米の輸入と食料、農業の位置づけもハッキリ
示すことができないこの国の行動
農家が減るのももっともです
  ◎  有機コシヒカリ種もみ                     15/02/02
今年も使用して見ようかと今日購入した
種もみです。
実は昨年有機転換田(次年度に有機田と
なる田)にこの種もみを使用して刈り入れが
遅くなっても葉、茎ともにしっかりで品質も
良かったので今年は慣行田にもこの種もみ
を使用と考えています。
少し価格が高めですが知り合いの加藤さん
あいがもと共に栽培し採った有機のコシヒカ
リの種もみ安心して使用できます。
尚、県の種子協会の承認のもとでの種もみ
です。
  ◎  これは便利です。                    15/01/25
この22日から24日にかけ名古屋、東京と
さといも(砂里芋)の売り込みに行って来て
このカードの便利さに圧倒されました。
さといも部会田舎のおじさん7名で慣れない
都内の駅から駅へその都度の切符買いも
ままならずを案じたJA職員提案で購入
正にスイスイと行けるICカードでした、あ~
そうそう失礼しました今回参加のさといも部
会員には若者もおりました。

それと砂里芋の売り込みの方はと言えば
有り難いことにもっと多くの出荷をとの嬉しい
お言葉で年一回のこの市場等の訪問、色々
ためになりました。
  ◎  ぼかし肥作り開始                       15/01/17
昨日、豆腐屋さんからオカラを又、菊水酒造
さんからコヌカを調達しハウスに広げ昨年の
我が家の菌(伊藤菌)を振りかけこれから
調合となりぼかし肥作りの開始です。

有機栽培では当然化学肥料は使用できず
このぼかしは元肥、追肥に欠かせないもので
あり又、有機にかかわらず減々栽培、従来
の慣行栽培でも欠かさず使用をしています。
植物質や動物質の有機質肥料を混ぜて発
酵させこの地の菌(土着菌)を加えこの地に
あった農作物を作りそして食べてもらうと言う
願いです。
  ◎  いよいよ出番です。                     15/01/14
有機栽培のさといも(砂里芋)をいよいよ
本格的に首都圏にて販売の運びとなりました
今まで色々と試行錯誤を重ねこれでもかと
農協とともに取り組んでの結果ですが ~~
それでもやはり気になるのが評価です
どこよりも美味しいさといもと自負をしている
ものの客観的評価がどうでるのか

でもまずは手に取って食べて頂きたい !
  ◎ さいの神                           15/01/12
集落の恒例の正月行事のさいの神が行われ
ました。
今回ちょっ遠くの田んぼの中からの画像
にしてみましたが、その田んぼが当園の田ん
ぼでさいの神をやっているのが集落の公園
そしてその奥の建物が蓮潟こども園となって
いて昔の山倉小学校蓮潟分校です。

位置関係はまずとして今年まずは農作物が
豊作であることと無病息災であることを願い
あわせて農家が生き甲斐を感じて生産に励
む価格形成ができることを願ってます。
大きい画像です
  ◎  販売終了です。                       15/01/09
昨年26年産のハウス内に囲っておいた出荷
用さといも株の壁がこの様に薄くなってきま
した、この12日の農協出荷で終了となります
合わせてネットの方も明日迄の注文にて終
了とさせて頂きます。
本当にありがとうございました。
お陰様でネットも含め当園に買い求めに来て
下さるお客様等年々多くなり本当に有り難く
思っております、本年も美味しいさといもを
探究しつつ頑張ってゆきますのでよろしくお
願いいたします。
  ◎  暖かほったか                        15/01/07

作業場の中の大切な本年27年産用さといも
の種です、昨年の暮れからの寒さで少し多
めのモミガラを掛けて寒さを防いでいて暖か
ほったかの種いもの様子です。

これが意外と可愛がりの暖か過ぎが貯蔵
失敗の原因になることも多く ~~
それじゃ~何度Cが最適ともはっきり言えな
いかく現場状況がありまして ~~

今年の画像ではないのですが種いもを積
んでいる様子です。
         
  ◎  冬の加治川                            15/01/05
年が明け今日やっと太陽様が長い時間顔を
見せてくれ嬉しくなりカメラを片手に良い題材
を求め車を走らせたどり着いたのが加治川
やっぱりここ聖籠のふるさとを潤し守るのは
この大河加治川でしょう~ってネ

この画像はよねこさくらばし(橋)の上からの
もので海に注ぐ河口が近く又、車で数分の
所に年末に(11/30)アップした鮭漁の関が
あります。
  ◎  明けましておめでとうございます。                     15/01/01
皆様、明けましておめでとうございます。

平成27年元旦、先月の例年にない大雪が
まだ、若干解けずに残っている聖籠町、強風
とともに少し降り積もっています。

お米の今年の栽培はこんな考えで、さといも
はこんな出荷体型でと今のこの時期色々と
考えるいや~空想する。
自分の年齢も考えずそんなことばかりですが
このこと空想、夢が一番だと思ってます。
本年も農に頑張って行きたいと考えてますの
でよろしくお願いいたします。

そして皆様にとって幸多き年でありますこと
を願っています。

               〒957-0106新潟県北蒲原郡聖籠町蓮潟2874番伊藤ゆきなり
                             TEL.FAX 0254-27-4881
                             越後新潟コシヒカリ産直 伊藤農園